ニュース News

チチパスが4時間超えの熱戦制す。元世界6位シモンが500勝![全仏オープン]

「全仏オープン」でのチチパス

現地26日に行われた「全仏オープン」(フランス・パリ/5月22日~6月5日/クレーコート)5日目、男子シングルス2回戦で第4シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)が2試合続けてロングマッチを経験している。また、37歳の地元選手がレジェンドたちの仲間入りを果たした。「全仏オープン」公式ウェブサイトが伝えている。

前回大会ファイナリストのチチパスは、予選勝者の世界ランキング134位ズデニェク・コラーシュ(チェコ)と対戦。第1セットを6-3で取ったものの、以降は3セット続けてタイブレークとなり、そのうち2つを制して3回戦へと駒を進めた。しかし、試合が4時間以上にわたったことから、世界66位のロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)とフルセットを戦った1回戦と合わせて、2試合の試合時間が7時間半を超えることに。

コラーシュに第2セットで3回、第4セットで4回セットポイントを握られながらもそれらのピンチをしのいだチチパス。一方で、自らは12回のブレークチャンスを作りながらもそのうち9回を防がれた。試合後、「イライラさせられたよ」と漏らしたチチパスは、世界95位のミカエル・イーメル(スウェーデン)と対戦する3回戦ではスムーズに勝つことができるだろうか。

今季限りでの引退を表明している元世界6位のジル・シモン(フランス)は、世界92位のスティーブ・ジョンソン(アメリカ)を下してツアー通算500勝目に到達。オープン化以降では、リシャール・ガスケ(574勝)、ガエル・モンフィス(523勝)に続いてフランス人選手として3人目の500勝達成。あと1勝すれば、自身の大会最高成績(4回戦進出)に並ぶことになる。

決勝に勝ち進めば6月13日更新の世界ランキングで世界王者に返り咲ける第2シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)は3回戦進出。ヘルニアの手術を受けた影響で、クレーコートで1試合プレーしただけで今大会に臨むことになったが、2回戦で世界ランキング56位のラスロ・ジェレ(セルビア)を相手に18回のブレークチャンスを作るとそのうち7回をモノにし、ストレート勝ちを収めた。

しかし、本人は快勝とは捉えていないようだ。「正直、今日はラスロの方がクレーコートに適したテニスをしていたと思う。ただ、僕も戦い、ボールを一つでも多くコートに入れるようにした。タフな試合だったけど、勝てて嬉しいよ」

そのほかには、過去2年続けて1回戦敗退を喫していた元世界7位のダビド・ゴファン(ベルギー)が、2019年以来となる3年ぶりの3回戦進出。第24シードのフランシス・ティアフォー(アメリカ)に第1セットを奪われた後、逆転勝ちしている。ティアフォー以外のシード選手では、第22シードのニコラス・バシラシビリ(ジョージア)、第29シードのダニエル・エバンズ(イギリス)が敗退となった。

男子ダブルスでは、ピエール ユーグ・エルベール(フランス)/ニコラ・マウ(フランス)ペア、ケビン・クラウィーツ(ドイツ)/アンドレアス・ミース(ドイツ)ペアという歴代チャンピオンたちが早期敗退となる中、昨季9大会で優勝した第2シードのニコラ・メクティッチ(クロアチア)/マテ・パビッチ(クロアチア)ペアが3回戦へ勝ち進んでいる。男子シングルスで予選敗退となり、グランドスラム本戦連続出場記録(79回)が途切れてしまったフェリシアーノ・ロペス(スペイン)は、マキシム・クレッシー(アメリカ)と組んだダブルスで第15シードのマッシモ・ゴンサレス(アルゼンチン)/マルセロ・メロ(ブラジル)ペアに勝利した。

大会5日目の男子シングルス、男子ダブルスの主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<男子シングルス>
【2回戦】

●ラスロ・ジェレ(セルビア) 3-6 4-6 3-6 〇ダニール・メドベージェフ(ロシア)[2]

●ズデニェク・コラーシュ(チェコ) 3-6 6-7(8) 7-6(3) 6-7(7) 〇ステファノス・チチパス(ギリシャ)[4]

〇アンドレイ・ルブレフ(ロシア)[7] 6-3 3-6 6-2 6-3 ●フェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)

〇キャスパー・ルード(ノルウェー)[8] 6-3 6-4 6-2 ●エミル・ルースブオリ(フィンランド)

●ロベルト・カルバレス バエナ(スペイン) 6-3 4-6 4-6 3-6 〇ヤニク・シナー(イタリア)[11]

●マルコ・チェッキナート(イタリア) 1-6 4-6 2-6 〇フベルト・フルカチュ(ポーランド)[12]

●マートン・フチョビッチ(ハンガリー) 6-4 4-6 2-6 3-6 〇マリン・チリッチ(クロアチア)[20]

●ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)[22] 3-6 1-6 4-6 〇マッケンジー・マクドナルド(アメリカ)

●フランシス・ティアフォー(アメリカ)[24] 6-3 6-7(1) 2-6 4-6 〇ダビド・ゴファン(ベルギー)

〇ミオミル・キツマノビッチ(セルビア)[28] 4-6 7-5 6-2 6-1 ●アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)

●ダニエル・エバンズ(イギリス)[29] 3-6 6-3 2-6 3-6 〇ミカエル・イーメル(スウェーデン)

●ジョアン・ソウザ(ポルトガル) 6-7(4) 3-6 4-6 〇ロレンツォ・ソネゴ(イタリア)[32]

〇ジル・シモン(フランス) 7-5 6-1 7-6(6) ●スティーブ・ジョンソン(アメリカ)

<男子ダブルス>
【2回戦】

●ロビン・ハッサ(オランダ)/レイブン・クラーセン(南アフリカ) 6-7(5) 6-4 2-6 〇ニコラ・メクティッチ(クロアチア)/マテ・パビッチ(クロアチア)[2]

●ランクマール・ラマナタン(インド)/ハンター・リース(アメリカ) 3-6 2-6 〇ヴェスレイ・クールホフ(オランダ)/ニール・スクプスキー(イギリス)[6]

〇マキシム・クレッシー(アメリカ)/フェリシアーノ・ロペス(スペイン) 6-4 6-4 ●マッシモ・ゴンサレス(アルゼンチン)/マルセロ・メロ(ブラジル)[15]

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全仏オープン」でのチチパス
(Photo by Shi Tang/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. チチパスが4時間超えの熱戦制す。元世界6位シモンが500勝![全仏オープン]