ニュース News

ジョコビッチ、スタッフからドリンクとともに密かにメモをもらう?

2021年の「東京オリンピック」会場でのジョコビッチ

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月16日~1月29日/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が試合中にチームスタッフからドリンクとともにメモらしきものを受け取ったことが話題になっている。豪ニュースサイト nine.com.auなど複数のメディアが報じた。

第4シードとして出場しているジョコビッチは19日に行われた2回戦で、予選勝者の世界ランキング191位エンゾ・クアコー(フランス)を6-1、6-7(5)、6-2、6-0で退けた。その後、週末にかけて観客の一人がTiktokに投稿したこの試合のあるシーンを切り取った動画が話題になっている。

「これは一体何?」というキャプションから始まる1分弱の動画は、映画『ミッション:インポッシプル』のテーマソングに合わせて、第2セットのコートチェンジの際に、チーム席にいるジョコビッチのスタッフがドリンクのボトルにメモらしきものを付け、観客席から身を乗り出しながらそれをスーパーバイザーの一人に手渡すところから始まる。スーパーバイザーはロッド・レーバー・アリーナのコートを横切り、ベンチに座るジョコビッチにボトルを渡す。そして、そこからアップに切り替わった映像からは、ジョコビッチがボトルに付いていたメモを取り外してしばらく眺めている様子がはっきりと見て取れる。この動画は22日の朝の時点で150万回再生されたという。

昨年後半から男子選手も試合中のコーチングが許可されるようになったが、チーム席と同じ側のコートでプレーしている時にだけ手短に口頭で指示を受けることができ、ジョコビッチがボトルを受け取った時のように、選手がチーム席と反対側にいる場合はサイン(ハンドシグナル)によるコミュニケーションに限定される。そのため、もしもあのメモに何らかの指示やアドバイスが書かれていたとすれば、コーチングの規定に反するのではないかと物議を醸している。

ジョコビッチはこれまでにも試合中のドリンクで注目を集めてきた。昨年11月の「ATP1000 パリ」ではステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦した準決勝で、理学療法士のウリセス・バディオがジョコビッチのためにチーム席でドリンクを用意している姿が観客によって撮影されていた。チームのほかのメンバーが不自然な体勢でバディオの手元を隠そうとしていたことから、その理由やドリンクの中身を詮索するコメントがSNS上で飛び交うことに。さらに、昨年の「ウィンブルドン」でもジョコビッチが試合中にボトルから飲み物でなく粉末らしきものを摂取している姿が目撃されている。

またしても謎めいた行動を起こしたジョコビッチは、これから第22シードのアレックス・デミノー(オーストラリア)との4回戦に臨む。ジョコビッチのコート上だけでなくコートサイドでの言動にも注目が集まるかもしれない。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年の「東京オリンピック」会場でのジョコビッチ
(Photo by Clayton/Corbis via Getty Images)

**WOWOW 放送・配信情報** 

「全豪オープンテニス」1/16(月)~1/29(日) ※大会第1日は無料放送
WOWOW で全日生中継!WOWOW オンデマンドでは全コートをライブ配信!

■その他の放送情報などはこちらから■
【WOWOW テニス公式サイト】https://www.wowow.co.jp/sports/tennis/
【WOWOW テニスワールド】https://wowowtennisworld.jp/
【WOWOW テニス公式ツイッター】 @wowowtennis
【WOWOW テニスワールド Twitter】@w_tennisworld
【WOWOW テニス公式インスタグラム】@wowowtennis

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ジョコビッチ、スタッフからドリンクとともに密かにメモをもらう?