ニュース News

地元の23歳デミノーがジョコビッチに、19歳ルーネがルブレフに挑戦![全豪オープン]

「全豪オープン」でのデミノー

シーズン最初のグランドスラム、「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月16日~1月29日/ハードコート)8日目。波乱の続く男子シングルスで、今日は上位シードたちが若手の挑戦をはね返すことができるだろうか。大会公式ウェブサイトが報じている。

日本時間の午後0時半以降にロッド・レーバー・アリーナで開始予定の第3試合では、第5シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)に第9シードのオルガ・ルーネ(デンマーク)が挑む。ルブレフはこれが7年連続7回目の「全豪オープン」出場で、2021年にベスト8に進出している。2回戦では世界ランキング46位のエミル・ルースブオリ(フィンランド)に1セットを取られたが、1回戦の元世界3位ドミニク・ティーム(オーストリア)戦と3回戦の第25シードのダニエル・エバンズ(イギリス)戦ではストレート勝利。対するルーネは昨年本大会に初出場し、今年は初勝利をあげて、ここまで3試合を1セットも落とさず勝ち進んできた。ただし、まだシード選手とは当たっていない。二人は昨年「ATP1000 パリ」で対戦し、ルーネがストレートで勝利している。

午後5時開始予定のナイトセッション第1試合では、地元オーストラリアの23歳、第22シードのアレックス・デミノー(オーストラリア)が、第4シードの元世界王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に挑戦。デミノーは昨年に続いて2年連続の4回戦進出で、グランドスラム全体では一度だけ、2020年の「全米オープン」でベスト8に進出している。デミノーもまだシード選手と対戦しておらず、1回戦と3回戦はストレートで、2回戦は4セットで勝ち進んだ。一方のジョコビッチはこの大会で最多記録の9回優勝を果たしており、「全豪オープン」の絶対王者と目されている。さらにジョコビッチにはグランドスラム優勝回数を22回として男子シングルストップのナダルと並び、世界王者に返り咲くというモチベーションもある。ジョコビッチは3回戦で第27シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦したが、やはり3試合で失ったセットは2回戦での1つだけだ。ジョコビッチとデミノーはこれが初対戦だが、デミノーがオーストラリアの観客から大声援を受けるだろうことは間違いない。その声援にこたえてデミノーは大番狂わせを演じることができるだろうか。

マーガレット・コート・アリーナで午後2時以降に開始予定の第4試合では、第24シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)が世界35位のトミー・ポール(アメリカ)と対戦。バウティスタ アグートはこれが12年連続12回目の出場で、2019年のベスト8が最高成績。同年の「ウィンブルドン」ではベスト4に進出している。今大会では1回戦でストレート勝利、2回戦では世界215位の予選勝者、24歳のブランドン・ホルト(アメリカ)に最初の2セットを取られてからの逆転勝ち。3回戦では元世界王者アンディ・マレー(イギリス)に4セットで勝利している。対するポールはこれが4年連続4回目の出場で、4回戦進出は本大会では初めて、グランドスラム全体でも昨年「ウィンブルドン」で一度果たしただけだった。今大会1回戦と3回戦はストレート勝利、2回戦では第30シードのアレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)をフルセットで倒した。二人の対戦成績はバウティスタ アグートの3勝1敗だが、直近の対戦では昨年の「ATP1000 パリ」でポールがストレート勝ちを収めている。

残る一試合はノーシードのアメリカ勢同士の対戦となった。世界89位の20歳ベン・シェルトン(アメリカ)は、グランドスラム本戦初出場となった昨年の「全米オープン」の前に大学生選手からプロに転向したばかりで、この「全豪オープン」以前は海外に行ったことさえなかったという。左打ちのシェルトンは1回戦、世界96位ジャン・ジジェン(中国)との約3時間半に及んだフルセットの試合でグランドスラム初勝利をあげると、続く2試合はストレートで勝利。ただし、まだシード選手との対戦はない。4回戦の対戦相手は世界67位の24歳J.J.ウルフ(アメリカ)。ウルフは地元の「全米オープン」には2020年と2022年の2度本戦に出場して2度とも3回戦に進出しているが、それ以外のグランドスラム本戦に出場したのは今回が初めて。今大会初戦は4セットで、2回戦の第23シード、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)戦と3回戦はストレートで勝ち進んだ。シェルトンとウルフの初対戦はジョン・ケイン・アリーナで正午以降に開始予定だ。

男子ダブルスでは、第1シードのヴェスレイ・クールホフ(オランダ)/ニール・スクプスキー(イギリス)ペアや、第2シードのラジーブ・ラム(アメリカ)/ジョー・ソールズベリー(イギリス)ペア、第3シードのマルセロ・アレバロ(エルサルバドル)/ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)ペアなどが3回戦に臨む。

混合ダブルスでは第1シードのジュリアナ・オルモス(メキシコ)とアレバロのペア、第3シードのデズレイ・クラブチェク(アメリカ)とスクプスキーのペア、欠場者に代わって本戦出場を果たした二宮真琴(日本/エディオン)/アリエル・ベアル(ウルグアイ)ペアなどが2回戦を戦う。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」でのデミノー
(Photo by Andy Cheung/Getty Images)

◆WOWOWテニスワールド LINE公式アカウント
テニスのおすすめニュースを毎週月・水・金の週3回、定時配信。
最新情報や試合速報など、テニスのすべてをお届けしています!

友だち追加する

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 地元の23歳デミノーがジョコビッチに、19歳ルーネがルブレフに挑戦![全豪オープン]