ニュース News

昨シーズン最終戦の覇者ガルシア、世界5位サバレンカらが4回戦に登場!17歳フルビルトバは元世界19位ベキッチと顔合わせ[全豪オープン]

「全豪オープン」でのガルシア

シーズン最初のグランドスラム、「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月16日~1月29日/ハードコート)。大会8日目には、昨シーズン最終戦「WTAファイナルズ フォートワース」の覇者カロリーヌ・ガルシア(フランス)、世界ランキング5位のアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)らが4回戦に登場。ダブルスでは、前回チャンピオンのバーボラ・クレイチコバ(チェコ)/カテリーナ・シニアコバ(チェコ)ペアが3回戦に臨む。大会公式ウェブサイトが伝えている。

日本時間午前9時からセンターコートのロッド・レーバー・アリーナで開始予定のデイセッション第1試合では、第5シードのサバレンカと「東京オリンピック」金メダリストで第12シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)が激突。両者ここまで1セットも失うことなく勝ち進んでおり、3回戦でサバレンカは第26シードのエリース・メルテンス(ベルギー)を6-2、6-3で、ベンチッチは元世界26位のカミラ・ジョルジ(イタリア)を6-2、7-5で下している。二人は過去2度対戦し、1勝1敗と互角。最後に対戦した2019年の「WTA1000 ドバイ」3回戦ではベンチッチがフルセットの末に勝利した。約4年ぶりの対戦にサバレンカは「彼女はファイターで素晴らしい選手。よく動き、ボールをクリーンに打つわ」と、ベンチッチは「サバレンカはとてもアグレッシブな選手ですごくパワーがある」と、それぞれ印象を語った。

続く第2試合では、第4シードのガルシアが元世界33位のマグダ・リネッテ(ポーランド)を迎え撃つ。11年連続12回目の「全豪オープン」に挑むガルシアは、3回戦で元世界27位のラウラ・シグムンド(ドイツ)を1-6、6-3、6-3で破り、2018年大会以来に4回戦へと駒を進めた。一方リネッテは2年連続7回目の出場で、2回戦では第16シードのアネット・コンタベイト(エストニア)、3回戦では第19シードのエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)というシード勢を破り、グランドスラムで初めて4回戦へとたどり着いた。ガルシアとリネッテは2017年に1度対戦経験があり、その際はガルシアがストレート勝ちを収めている。

日本時間午前10時半以降にマーガレット・コート・アリーナで予定されている第2試合では、元世界19位のドナ・ベキッチ(クロアチア)と現在勝ち残っている選手で最も若い(17歳)世界82位のリンダ・フルビルトバ(チェコ)がベスト8入りをかけて争う。ベキッチは、2021年以来に「全豪オープン」4回戦に進出。ここを突破すれば本大会での最高成績を更新し、2019年「全米オープン」で記録したグランドスラムでの最高成績に並ぶ。フルビルトバは2005年生まれの選手で初めてグランドスラムの4回戦に到達している。

女子シングルスの残り1試合は、第23シードのジャン・シューアイ(中国)対元世界女王で第30シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)というシード勢対決に。二人は過去7度対戦し、プリスコバが全勝を収めている。試合は日本時間午前11時以降にキア・アリーナの第2試合目に行われる。

ダブルスでは、第1シードのクレイチコバ/シニアコバ組がオクサーナ・カラシニコワ(ジョージア)/アリシア・パークス(アメリカ)ペアと、第2シードのココ・ガウフ(アメリカ)/ジェシカ・ペグラ(アメリカ)ペアが第16シードの加藤未唯(日本/ザイマックス)/アルディラ・スチアディ(インドネシア)ペアと3回戦を戦う。

第10シードの青山修子(日本/近藤乳業)/柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)ペアは、アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)/エレナ・ルバキナ(カザフスタン)ペアと対戦予定だ。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」でのガルシア
(Photo by Robert Prange/Getty Images)

◆WOWOWテニスワールド LINE公式アカウント
テニスのおすすめニュースを毎週月・水・金の週3回、定時配信。
最新情報や試合速報など、テニスのすべてをお届けしています!

友だち追加する

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 昨シーズン最終戦の覇者ガルシア、世界5位サバレンカらが4回戦に登場!17歳フルビルトバは元世界19位ベキッチと顔合わせ[全豪オープン]