ニュース News

西岡がベスト8進出をかけて第18シードのハチャノフと対戦!女子ダブルスの二宮、ジュニアの齋藤、辻岡らも登場[全豪オープン]

「全豪オープン」での西岡

シーズン最初のグランドスラム、「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月16日~1月29日/ハードコート)7日目。第31シードの西岡良仁(日本/ミキハウス)は本大会、そしてグランドスラムで初めてのベスト8進出をかけて、第18シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)と4回戦を戦う。2018年「全仏オープン」準優勝者の二宮真琴(日本/エディオン)は女子ダブルス2回戦に登場。さらにジュニアのシングルス、ダブルスも行われる。大会公式ウェブサイトが報じている。

現在キャリアハイの世界33位につける西岡は、グランドスラムで初めてシード権を獲得。1回戦では世界69位のミカエル・イーメル(スウェーデン)に、2回戦では世界216位の予選勝者ダリボル・スブルチナ(チェコ)に、3回戦では世界65位のマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)に、いずれも盤石な試合運びでストレート勝利をあげている。

対戦相手のハチャノフは昨年まで4年連続3回戦に進出していたが、4回戦進出はこれが初めて。昨年の「全米オープン」ではベスト4に進出、「全仏オープン」と「ウィンブルドン」ではベスト8入りの経験がある。今大会初戦はストレート勝ちだったが、2回戦と、第16シードのフランシス・ティアフォー(アメリカ)と戦った3回戦では、4セットで勝利している。西岡との対戦成績はハチャノフの2勝1敗だが、直近では昨年、西岡が準優勝した「ATP500 ワシントンD.C.」の3回戦で対戦し、西岡が7-6(2)、7-6(1)という接戦を制している。これまでと同じように落ち着いたプレーで、西岡が初めての準々決勝進出を決めてくれるだろうか。二人の4回戦はジョン・ケイン・アリーナの第3試合で、日本時間の午後0時半以降に開始予定となっている。

ダブルス世界48位の二宮は同85位のクリスティーナ・ブクサ(スペイン)とのペアで、コート3で午前9時開始予定の第1試合に登場。二人は今月アデレードの大会に出場し、ベスト8まで勝ち進んだ。二宮はこれが8年連続8回目の「全豪オープン」女子ダブルス出場で、グランドスラムでの最高成績は2018年「全仏オープン」で穂積絵莉(日本/日本住宅ローン)と組んでの準優勝。ブクサはシングルスでは昨年も本大会に出場しているが、ダブルスではグランドスラム初出場。1回戦では2020年シングルス覇者のソフィア・ケニン(アメリカ)とシングルス47位のユリア・プティンセバ(カザフスタン)のペアに6-2、6-3で快勝した。2回戦の相手は第11シードのチャン・ハオチン(台湾)/ヤン・ザオシャン(中国)ペア。チャン/ヤン組は1回戦でアリゼ・コルネ(フランス)/サマンサ・ストーサー(オーストラリア)ペアに6-3、6-4で勝利している。

コート6の第2試合では、男子ジュニア第7シードの松岡隼(日本/桜田倶楽部)がラーナー・ティエン(アメリカ)と1回戦を戦う。ジュニア世界ランキング17位、18歳の松岡は、同39位、17歳のティエンとこれが初対戦となる。

コート12の第2試合では、予選を勝ち抜いた世界74位、17歳の服部伶⽮(ノアTA垂⽔)が、やはり予選勝者の17歳、世界129位のRuslan Tiukaev(ロシア)と初対戦する。

続く第3試合には、昨日シングルスで快勝した世界19位、16歳の小池愛菜(日本/Team REC)と世界22位、17歳の石井さやか(日本/HSS)が、第5シードとしてダブルス1回戦に臨む。初戦の相手はワイルドカード(主催者推薦枠)で出場の、世界295位の15歳Gabby Gregg(オーストラリア)と世界909位の17歳Elicia Kim(オーストラリア)のペアだ。

コート16の第1試合では、女子第1シードの齋藤咲良(日本/MAT Tennis Academy)がワイルドカードで出場のStefani Webb(オーストラリア)と初戦を戦う。世界5位、16歳の齋藤と世界187位、17歳のWebbは、今回が初対戦。また齋藤は同じコートの第4試合で、昨日シングルス1回戦で勝利した世界30位、16歳の木下晴結(日本/LYNX TA)と組んで第4シードとしてダブルスにも出場。ダブルスの対戦相手は、昨日シングルスで石井に敗れた世界71位の18歳Ahmani Guichard(アメリカ)と、世界70位の17歳Ava Krug(アメリカ)のペア。

コート17の第2試合では、世界64位、15歳の園部八奏(日本/与野テニスクラブ)が、世界84位の16歳Shruti Ahlawat(インド)と初対戦する。

続く第3試合では、昨年日本で開催された「2023 DUNLOP ROAD TO THE AUSTRALIAN OPEN JUNIOR SERIES」で優勝して今大会へのワイルドカードを勝ち取った辻岡史帆(日本/SYT月見野テニススクール)が登場。世界89位、16歳の辻岡は、予選勝者の世界132位、17歳のLavinia Morreale(イタリア)と初対戦。

第4試合では昨日シングルスで快勝した世界16位、16歳の坂本怜(日本/チェリーTC)が、世界52位の16歳Atakan Karahan(トルコ)と組んでダブルス1回戦に臨む。初戦の相手は世界49位の17歳Yuvan Nandal(インド)と世界87位の17歳Goran Zgola(ポーランド)のペアだ。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」での西岡
(Photo by Darrian Traynor/Getty Images)

◆WOWOWテニスワールド LINE公式アカウント
テニスのおすすめニュースを毎週月・水・金の週3回、定時配信。
最新情報や試合速報など、テニスのすべてをお届けしています!

友だち追加する

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 西岡がベスト8進出をかけて第18シードのハチャノフと対戦!女子ダブルスの二宮、ジュニアの齋藤、辻岡らも登場[全豪オープン]