ニュース News

元世界王者マレーが子どもたちの質問に答える。彼のヒーローとは?【動画アリ】

マレー(右)と母ジュディさん(中央)、兄のジェイミー(左)

元世界ランキング1位のアンディ・マレー(イギリス)は2018年と2019年に股関節の手術を受けた後は復活に苦しみ、現在は世界66位だ。そんなマレーが、自身の華やかなキャリアにおいて最も厳しいものの一つと思われるメディア対応をこなした。地元であるイギリスのグラスゴーの小学生たちから投げかけられる質問に答えたのだ。米テニスメディアBaselineが報じている。

一番初めの「もし誰とでも対戦できるとしたら、誰と対戦したいですか?」という質問から、マレーは途方に暮れかけていたものの、夢の対戦相手は最終的にロジャー・フェデラー(スイス)に落ち着いた。「彼は長い間怪我をしていた。最高の対戦相手の一人だから、また彼と試合がしたいな」と過去5年間、自身も身体的な面で苦労してきたマレーは説明した。

マレーの最も心温まる回答は、「あなたのヒーローは誰ですか?」という質問に対して飛び出した。「おそらく母だね。素晴らしい女性だよ。とてつもなくよく働く。母は僕にとって本当にいいお手本でいてくれている」。マレーと兄のダブルス元世界王者ジェイミー・マレー(イギリス)に最初にテニスを教えたことで有名な母のジュディさんについて、マレーはこう語った。

「テニスを始めたのはいつで、プロテニス選手になりたいと思ったのはいつですか?」という質問には、こう答えた。「テニスを始めたのは4歳くらいの時で、地元のテニスクラブで兄と母と一緒に始めた。それを仕事にしたいと思ったのは13歳か14歳の頃だったと思う」

「世界中の誰でも選べるとしたら、ダブルスのパートナーは誰にしますか?」と質問されると、笑いながら「それは兄を選ぶしかないね」と回答。「兄とプレーするのは大好きだ。実際、この会場で一緒にプレーしたことも何度もある。素晴らしい雰囲気だった。だから兄を選ぶよ」と付け加えた。

健康を保つためにどんなものを食べるかという質問には、「試合がある時は、テニスをする準備をするから、試合のためのエネルギーを得るために米やパスタをたくさん食べる。そして試合が終わったら、野菜やタンパク質を多く食べる。鶏肉やステーキ、魚とかそういうものだね」と答えたマレーだが、最後にこう付け加えた。「でもアイスクリームも好きだ。それは健康を保つ役には立たないけどね」

「どうしてテニスが好きなのですか?」という質問には、少し迷った様子を見せながらもこう回答。「テニスは健康を保つためのいい方法だから。運動になる。それに競争が好きなんだ。他の人と競い合うのが好きだよ。それがモチベーションとかそういうものをくれる」

好きなサーフェイスを聞かれると、芝コートを選択。「芝コートでプレーする機会は十分じゃないと思うけれど、芝コートでプレーするのが大好きだ」と説明した。

試合の前と後には何をするかとの質問には、試合前には長い時間をかけてウォームアップをすると答え、具体的にどんな運動をするかも紹介。試合後については、「僕はもうかなり年を取っているから、理学療法士と一緒に長い時間を過ごす。理学療法士は、ある意味、僕を次の試合に向けて組み立て直してくれるんだ」と話した。

最後に、強力なサーブを打ちつつそれを入れるにはどうするのかと問われると、「とにかくたくさんの練習だね。ひたすら練習さ」と答え、練習の大切さを強調した。

「全豪オープン」1回戦で第13シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)から最初の2セットを奪い、続く2セットで追いつかれながら最終セットの10ポイントタイブレークで劇的勝利を挙げてみせたマレー。35歳の彼がどこまで勝ち進むことができるか、見守ろう。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真はマレー(右)と母ジュディさん(中央)、兄のジェイミー(左)
(Photo by Gareth Cattermole/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 元世界王者マレーが子どもたちの質問に答える。彼のヒーローとは?【動画アリ】