ニュース News

18歳ガウフと元全米女王ラドゥカヌが激突!世界女王シフィオンテクや世界3位ペグラも2回戦に臨む[全豪オープン]

「全豪オープン」でのガウフ

16日に開幕した今年最初のグランドスラム、「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月16日~1月29日/ハードコート)。大会3日目には、世界女王のイガ・シフィオンテク(ポーランド)や、世界ランキング3位のジェシカ・ペグラ(アメリカ)が3回戦進出をかけて争う。大会公式ウェブサイトが伝えている。

日本時間午前9時からセンターコートのロッド・レーバー・アリーナで開始予定のデイセッション第1試合には、第1シードのシフィオンテクが登場。優勝候補筆頭であるシフィオンテクは1回戦で世界69位のユレ・ニーマイヤー(ドイツ)に6-4、7-5のストレート勝ちを収め、グランドスラム1回戦での戦績を15勝1敗とした。2回戦では世界84位のカミラ・オソリオ(コロンビア)と初対戦する。オソリオは昨年「全豪オープン」本戦デビューを果たしたが、1回戦で大坂なおみ(日本/フリー)に敗戦。しかし、今年は世界89位のパナ・ウッドバーディ(ハンガリー)を6-4、6-1で下し2回戦へと駒を進めた。同じ21歳同士のシフィオンテクとオソリオの若手対決から目が離せない。

続く第2試合では、第3シードのペグラが世界38位のアリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)を迎え撃つ。4年連続4度目の「全豪オープン」出場となるペグラは、現在2年連続で本大会ベスト8入りを果たしている。1回戦では世界161位のジャクリーン・クリスティアン(ルーマニア)を6-0、6-1で圧倒した。対するサスノビッチは、8年連続8度目の「全豪オープン」出場で、最高成績は2018年と2019年に記録した3回戦進出。2020年大会以降はすべて1回戦敗退を喫していたが、今年は今大会最年少選手の15歳、ブレンダ・フルビルトバ(チェコ)を7-5、6-2で退けた。ペグラとサスノビッチは昨年の「全米オープン」2回戦で初対戦し、その際はペグラがストレート勝ちしている。

センターコートのナイトセッション第1試合は、第7シードのココ・ガウフ(アメリカ)対世界77位のエマ・ラドゥカヌ(イギリス)という注目の対戦カードに。二人はこれが初対戦となる。ガウフは15歳だった2019年「ウィンブルドン」でグランドスラム初出場ながら4回戦まで勝ち進み、ラドゥカヌは18歳で初出場だった2021年の「全米オープン」でグランドスラムでは史上初となる予選通過者として優勝を果たし、テニス界の新たな若手スター選手として注目を集めていた。

ガウフは昨シーズンなかなか調子が上がらず苦労していたラドゥカヌについて、「明らかに突然表舞台に飛び出して大きなプレッシャーを抱えることになった。それは私がグランドスラムを勝ち取るために経験したもの以上だと思う。特に久しぶりにグランドスラムで優勝したイギリス人女子選手だから、私がアメリカ人として慣れ親しんだものよりもはるかに大きなプレッシャーだわ」と語り、共感を示した。一方ラドゥカヌはガウフについて、次のようにコメント。「素晴らしいアスリート。彼女は最初に“ウィンブルドン”で頭角を現し、そのあと適応するのに少し時間がかかったかもしれないけど、今は自分の地位を築いている。彼女は本当に良いテニスをしていて、今はとてもしっかりしているように見えるわ。いくつか大きな武器も持っていて、手強い相手になる。次の試合が楽しみだわ」。試合は日本時間午後5時から開始予定だ。

マーガレット・コート・アリーナでは、第6シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)が予選通過者で世界106位のディアナ・シュナイダー(ロシア)と、第10シードで昨年大会ベスト4入りしたマディソン・キーズ(アメリカ)は世界79位のワン・シンユー(中国)と対戦予定。昨年準優勝者で第13シードのダニエル・コリンズ(アメリカ)は、2回戦でカロリーナ・ムチョバ(チェコ)と初顔合わせ。膝に問題を抱えるコリンズは1回戦で3時間を超える熱戦を7-5、5-7、6-4で制した一方、ムチョバは6-2、6-1と快勝で次のラウンドに進んでいる。

ジョン・ケイン・アリーナでは、「全豪オープン」で1度準優勝の経験を持つ第15シードのペトラ・クビトバ(チェコ)が世界39位のアンヘリーナ・カリニーナ(ウクライナ)と、2022年「ウィンブルドン」女王で第22シードのエレナ・ルバキナ(カザフスタン)が世界104位のカーヤ・ユバン(スロベニア)と3回戦進出をかけて争う。

また大会3日目からはダブルスも始まる。本大会のダブルスは各64ペアが出場し、6試合に勝利したチームが優勝。第4シードのストーム・ハンター(オーストラリア)/エリース・メルテンス(ベルギー)ペアは1回戦で、ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)/リュドミラ・サムソノワ(ロシア)ペアと対戦する。第6シードのデズレイ・クラブチェク(アメリカ)/デミ・シヒュース(オランダ)ペアは、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のアリナ・ラディオノワ(オーストラリア)/Petra Hule(オーストラリア)ペアを迎え撃つ。日本からは、加藤未唯(日本/ザイマックス)がアルディラ・スチアディ(インドネシア)とのペアで第16シードとして登場。1回戦の相手はケイトリン・クリスチャン(アメリカ)/ダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)ペアだ。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」でのガウフ
(Photo by Jason Heidrich/Icon Sportswire via Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 18歳ガウフと元全米女王ラドゥカヌが激突!世界女王シフィオンテクや世界3位ペグラも2回戦に臨む[全豪オープン]