ニュース News

ナダル、チチパスらが2回戦へ。17歳選手がアルカラス以来の快挙!キリオスは負傷欠場[全豪オープン]

「全豪オープン」でのナダル

シーズン最初のグランドスラム、「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月16日~1月29日/ハードコート)が現地16日に開幕。男子シングルスではシード選手の多くが2回戦へ勝ち進む一方、地元期待のスターの思わぬ知らせが飛び込んできた。大会公式ウェブサイトなどが伝えている。

昨年、13年ぶり2度目の優勝を果たした第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)は、21歳で世界ランキング38位のジャック・ドレイパー(イギリス)に4セットで勝利。怪我の多さもあって昨シーズン後半から調子が上がらず、今月初めの「ユナイテッドカップ」でも2戦2敗に終わっていたナダルだが、この日は4ゲームを連取されて第2セットを落としたものの、その後はブレークされても勝ち越し、逆転して7-5、2-6、6-4、6-1で試合を締めくくった。とはいえ、スコア上は6-1の第4セットもデュースが多かったこともあり48分かかるなど、1試合目から3時間41分もプレーすることになったことは、気になる点だ。

これが19シーズン目となるナダルは、「昨年の大会は僕のテニスキャリアにとって最も感動的なトーナメントの一つだったから、もう一度オーストラリアに戻ってこられて本当に嬉しい。ここ数ヶ月は簡単ではなかったけど、この勝利が助けになればいいね」と話している。

この日は世界138位の綿貫陽介(日本/フリー)と世界116位の内島萌夏(日本/安藤証券)がグランドスラム本戦デビューを果たしたが、世界194位のシャン・ジュンチャン(中国)にとっても記念すべき日となった。今大会最年少である17歳のシャンは、予選を勝ち抜いて出場した初めてのグランドスラムで世界74位のオスカー・オッテ(ドイツ)を4セットで下し、オープン化以降の「全豪オープン」で勝利した最初の中国人男子選手という称号を手にした。また、17歳の選手がグランドスラムの男子シングルスで勝利を挙げたのは、2021年の「全豪オープン」でのカルロス・アルカラス(スペイン)以来の快挙。「今や世界最高の選手であるカルロスに続けたなんて、凄いことだね」と喜んでいる。

2014年大会チャンピオンでもある元世界3位のスタン・ワウリンカ(スイス)は1回戦敗退。世界53位のアレックス・モルチャン(スロバキア)相手にセットカウント2-1で迎えた第4セット、5-4としてサービング・フォー・ザ・マッチに臨んだが、ブレークされてしまう。結局5セットの末に敗れ、2021年の「全豪オープン」以来となるグランドスラムでの白星を掴むことはできなかった。

また、先週「ATP250 アデレード2」で2つ目のツアータイトルを手にしていた世界84位のクォン・スンウ(韓国)も2回戦進出ならず。ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場する世界116位のクリストファー・ユーバンクス(アメリカ)との5セットに及んだシーソーゲームで競り負けた。

また、シード選手では第17シードのロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)と第21シードのボルナ・チョリッチ(クロアチア)が早くも姿を消した。ムゼッティは元世界31位のロイド・ハリス(南アフリカ)を相手に2セットダウンとなった後、そこから盛り返して最終セットまで持ち込む。最後は6-6で10ポイントのタイブレークに突入し、ロイドに4回のミニブレークを許して力尽きた。チョリッチは21歳以下の選手によるシーズン最終戦「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」で昨年準優勝を飾った21歳で世界71位のイリ・ラフェチュカ(チェコ)にストレート負けを喫している。

シード選手の多くは順当に1回戦勝利。前回大会でナダルに敗れて準優勝だった第7シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)をはじめ、第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)、第6シードのフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、第10シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド)、第11シードのキャメロン・ノリー(イギリス)、第15シードのヤニク・シナー(イタリア)、第16シードのフランシス・ティアフォー(アメリカ)、第18シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)、第20シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)、第29シードのセバスチャン・コルダ(アメリカ)、第29シードのフランシスコ・セルンドロ(アルゼンチン)、第32シードのボティック・ファン デ ザンツフープ(オランダ)が2回戦へ駒を進めた。

そのほかには、元世界13位で昨季の男子ダブルス王者でもあるニック・キリオス(オーストラリア)が欠場するという残念なニュースも飛び込んできた。地元優勝も期待されていたキリオスは、昨年末にドバイで行われたエキシビション大会で足首を痛めたと報じられていたが、今回の理由は膝で手術が必要だという。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」でのナダル
(Photo by Andy Cheung/Getty Images)

**WOWOW 放送・配信情報** 

「全豪オープンテニス」1/16(月)~1/29(日) ※大会第1日は無料放送
WOWOW で全日生中継!WOWOW オンデマンドでは全コートをライブ配信!

■その他の放送情報などはこちらから■
【WOWOW テニス公式サイト】https://www.wowow.co.jp/sports/tennis/
【WOWOW テニスワールド】https://wowowtennisworld.jp/
【WOWOW テニス公式ツイッター】 @wowowtennis
【WOWOW テニスワールド Twitter】@w_tennisworld
【WOWOW テニス公式インスタグラム】@wowowtennis

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ナダル、チチパスらが2回戦へ。17歳選手がアルカラス以来の快挙!キリオスは負傷欠場[全豪オープン]