ニュース News

フェデラーがパデルでコートに戻る!「ワクワクしてる」【動画アリ】

2018年「Nitto ATPファイナルズ」でのフェデラー

先日、昨年引退したロジャー・フェデラー(スイス)がドバイで新たなラケットスポーツに挑戦した。米テニスメディアBaselineが伝えている。

フェデラーは24年間のプロ生活に別れを告げ、ラケットを置いた。だが最近世界でブームが起こりつつある新しいラケットスポーツ、パデルを試してみたようだ。長年ツアーを共にしたコーチのセベリン・ルティ氏と、ドバイのグリークゴルフ&ヨットクラブを訪れたフェデラーはTwitterを更新。2人が夜のコートでパデルを楽しむ写真を投稿し、「セベリーノと一緒にコートに戻ってこられてワクワクしているよ」と綴った。

パデルは1960年代にメキシコで考案されたスポーツで、テニスとスカッシュを合わせたような競技だ。テニスコートの3分の1の広さのコートで、通常はダブルス形式でプレーする。同じく60年代にアメリカで考案されたピックルボールと同様に、パデルも新型コロナウイルスの感染拡大により人気の高まったスポーツの一つだ。ただし、ピックルボールは主にアメリカで競技人口を増やしているが、パデルはヨーロッパ周辺で人気を集めている。

パデルに挑戦した元プロテニス選手はフェデラーだけではない。元ダブルス世界女王のロベルタ・ビンチ(イタリア)や元ダブルス世界ランキング28位のララ・アロアバレーナ(スペイン)はパデルの国際大会に出場した経験を持つ。特に2015年に「全米オープン」女子シングルスで準優勝したビンチは、現在パデルの世界ランキングで66位につけている。

スペイン・マヨルカ島にあるラファエル・ナダル(スペイン)が創設したテニスアカデミーでも、毎日パデルのレッスンを提供しているという。テニスでのフェデラーとナダルのライバル関係は終わってしまったが、パデルのコートで2人を見られる日が来るかもしれない。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2018年「Nitto ATPファイナルズ」でのフェデラー
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. フェデラーがパデルでコートに戻る!「ワクワクしてる」【動画アリ】