ニュース News

大坂なおみが第一子妊娠を発表!エコー写真も公開「2024年の全豪には出場する」

2022年「WTA500 サンノゼ」で取材に応える大坂

元世界女王で25歳の大坂なおみ(日本/フリー)が、第一子を妊娠していることを自身のSNSで発表した。また、2024年の「全豪オープン」には復帰する予定も明らかに。WTA(女子テニス協会)公式ウェブサイトなど複数のメディアが伝えている。

2023年シーズンが始まり、多くの選手が「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月16日~1月29日/ハードコート)に向けて準備を進める中、大坂はオーストラリアに入国している様子はなく様々な憶測が飛び交っていた。今月8日には大会側が大坂の「全豪オープン」欠場をTwitterで発表したが、その理由は明かされないままだった。

そして本日、大坂はSNSを更新し妊娠を報告。お腹の中にいる赤ちゃんのエコー写真とともに、英語と日本語で同一の内容のメッセージを投稿した。

「ここ数年は色々な意味で極めて困難でもあり、また楽しくもありました。ここ数ヶ月スポーツから遠のいたことは人生を捧げたこのゲームに新たな愛と感謝をもたらしてくれました。人生は非常に短いと認識し、当たり前と思わずに毎日が新たな挑戦と喜びです。将来に向けて沢山楽しみなことがあります。それらの一つには自分の子供が私の試合を見て、“あれが私のママ”と誰かに言うことです(笑) 2023年は私にとって色々勉強する年となります。来年明けから皆さんに会えることを期待してます、2024年の全豪には出場しますので。永遠に愛してます」

「追記:人生において完璧で正しい道なんて無いと思います。ただ良い目的で前進し続けさえすれば自分の道が開けると思っています」

大坂は2019年から、ラッパーとして活躍するコーデーと交際している。コーデーは何度も試合の応援に駆けつける姿が目撃されており、大坂にとって大きな心の支えになっているようだ。

この嬉しい知らせを受け、大坂のもとにたくさんの祝福の声が集まっている。WTAの会長を務めるスティーブ・サイモン氏は「WTAファミリーはなおみの非常に特別なニュースをお祝いします。なおみは人生のワクワクする次の章に乗り出します。母親になることを祝福し、なおみと家族の準備が整ったとき、コートに戻ってくることを楽しみにしています」とコメント。

そのほかにもビリー・ジーン・キング(アメリカ)、マルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)といったテニス界のレジェンドをはじめ、世界女王のイガ・シフィオンテク(ポーランド)、世界ランキング2位のオンス・ジャバー(チュニジア)、世界7位のココ・ガウフ(アメリカ)、そして昨年父親となったガエル・モンフィス(フランス)、陸上界のスター選手アリソン・フェリックスや女優ケイト・ハドソンから「おめでとう!」とお祝いの言葉が贈られた。

大坂はこれまで7つのツアータイトルを手にしており、そのうちグランドスラムでは「全豪オープン」と「全米オープン」を2度ずつ制している。昨シーズンは怪我などを理由に出場大会は11にとどまり、9月の「東レ パン・パシフィック・オープン」を最後にコートから離れていた。コート外では、自身のスポーツエージェンシーEVOLVEを設立したり、「The Way Champs Play(チャンピオンのあり方)」と題した絵本を出版するなど精力的に活動している。

まずは健康を第一に、大坂が元気な赤ちゃんを無事に産んでくれることを祈るばかりだ。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2022年「WTA500 サンノゼ」で取材に応える大坂
(Photo by Carmen Mandato/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 大坂なおみが第一子妊娠を発表!エコー写真も公開「2024年の全豪には出場する」