ニュース News

ジュニアからプロへの道が近づく?ジュニアランキング上位者への優遇

イメージ

来年から、ジュニアで良い成績を収めた選手をプロツアーで優遇することが決定した。この優遇措置により、ジュニアで活躍した選手のキャリアをより早く開花させるのが狙いだ。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

ATPとITF(国際テニス連盟)は、若く意欲的なテニス選手のキャリアを加速させるため、『アクセレレーター・プログラム』と名付けられた取り組みを2023年から開始すると発表した。

このプログラムは、世界トップクラスのジュニア選手にATPツアーの下部大会であるチャレンジャー大会に出場する機会を与えることで、プロフェッショナルテニスへの移行を促進する。この取り組みは今年9月に発表された来年のチャレンジャーツアーの変更点の補足となる。ATPは今後の計画として賞金額の増額、より偏りの少ない年間スケジュールの設定、そして出場機会の増加を挙げており、今回のプログラムはその一環となる。

今回のプログラムの実現を押し進めたのは、ITFワールドテニスツアーを通じて多くのテニス選手に出場と成長の機会を与え、世界のトップレベルに触れる機会を作り続けているITFだった。ITFのジュニア年末ランキングでトップ20以内に入った選手は、それぞれ翌シーズンのチャレンジャー大会(カテゴリー50または75)に8度の出場機会が与えられる。トップ10の選手はこれらの大会の本戦に、11位〜20位の選手は予選に出場できる。さらにトップ20の選手は、ITFワールドテニスツアーのM15またはM25の大会に2度出場できる。年末ランキング21位〜30位の選手はITFワールドテニスツアーのM15またはM25の大会に8度出場することができる。

また、ジュニアグランドスラムの優勝者や準優勝者も『アクセレレーター・プログラム』の対象となる。優勝者はトップ10グループと、準優勝者は11位〜20位と同じ優遇を受けられる。

ATP会長のアンドレア・ガウデンツィ氏はこう語る。「テニスは多大な努力が報われるスポーツであり続けてきた。私たちは、若く意欲のある選手が自身の可能性を最大限に活かすことのできる環境を作るべきだ。彼らがこのスポーツで活躍できるよう機会を与えることが私たちの責任だ。『アクセレレーター・プログラム』は次世代のチャンピオンたちのための道筋を作るもの。2023年に実施されるのを楽しみにしている」

さらに『アクセレレーター・プログラム』の対象者は、今までにない昇格機会を得ることができる。年末にトップ20に入ったジュニア選手、そしてジュニアグランドスラム優勝者と準優勝者が世界ランキングに名を連ねることができれば、チャレンジャー大会の予選を免除し本戦に直接出場することができる。この昇格は、すべてのカテゴリーのチャレンジャー大会に適用される。

ITFのデビッド・ハガティ会長は、「若い選手のために、テニス関連団体が共に働くことが重要だ。私たちは協力することでテニスの明るい未来を作り、未来の世代がトップレベルへと成長できる機会を持つことを保証することができる。それを実現する取り組みに参加できてとてもワクワクしている」と語った。

2023年に『アクセレレーター・プログラム』の恩恵を受ける選手は、12月12日月曜日時点でのITFジュニアランキングを元に決定された。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真はイメージ
(Photo by Nicolò Campo/LightRocket via Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ジュニアからプロへの道が近づく?ジュニアランキング上位者への優遇