ニュース News

予選から出場の加藤未唯が第4シードの宮崎百合子を破って優勝[全日本室内テニス選手権]

「全豪オープン」での加藤

12月25日まで開催されていた「第58回島津全日本室内テニス選手権大会」(日本・京都/12月20日~12月25日/室内ハードコート)で、予選から出場した地元京都出身の加藤未唯(日本/ザイマックス)が、見事優勝を果たした。ITF(国際テニス連盟)公式ウェブサイトなどが報じている。

28歳、元世界ランキング122位の加藤は、予選2試合と本戦1回戦でストレート勝ちを収めると、2回戦では第1シードの31歳、土居美咲(日本/ミキハウス)に6-4、3-6、6-4という接戦の末に勝利。続く準々決勝では第6シードの22歳、細木咲良(日本/原商)を、準決勝では第3シードのキャロル・ジャオ(カナダ)をいずれもストレートで撃破して、先月の「横浜慶應チャレンジャー」に続いて決勝に進出。

決勝では、現在キャリアハイの世界187位につけている第4シードの27歳、宮崎百合子(イギリス)と初対戦となったが、加藤が6-4、2-6、6-2でフルセットの戦いを制し、2016年キャンベラ大会以来のシングルス優勝を遂げた。加藤はWTAツアー大会でのシングルス優勝はまだないが、ITFの国際大会ではこれが4度目の優勝。ダブルスではWTAツアーで2度、それも含めて国際大会で通算17回タイトルを獲得している。

加藤はトロフィーを持つ笑顔の写真をTwitterに投稿。「皆様のおかげでいいクリスマスになりました」と喜びを綴った。来年もまた何度もこの笑顔を見せて欲しい。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」での加藤
(Photo by Mackenzie Sweetnam/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 予選から出場の加藤未唯が第4シードの宮崎百合子を破って優勝[全日本室内テニス選手権]