ニュース News

フェデラーが現役最後の試合で着用したウェアと引退を知らせたレターが、国際テニス殿堂で展示へ

「レーバー・カップ」で胴上げされるフェデラー

テニス界の大スター、ロジャー・フェデラー(スイス)は、今年9月に自らが創設した大会「レーバー・カップ」で素晴らしいキャリアの幕を閉じた。この度、フェデラーは現役最後の試合で着用していたウェアとシューズを国際テニス殿堂に貸与し、フェデラーが引退を伝えたレターとともに展示されることが明らかとなった。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

国際テニス殿堂は、アメリカのロードアイランド州ニューポートにある世界最大のテニス博物館で、これまでテニスの歴史に名を残した選手たちのウェアや獲得したトロフィー、過去の試合映像などを目にして、長いテニスの歴史を学ぶことができる施設だ。

フェデラーは現役最後の試合で、最大のライバルであり盟友でもあるラファエル・ナダル(スペイン)と5年ぶりにダブルスを組んだ。ジャック・ソック(アメリカ)/フランシス・ティアフォー(アメリカ)ペアを相手にセットを先取したが、最終的には逆転を許し6-4、6-7(2)、[9-11]で敗れた。試合後、涙ぐみながらインタビューに答えるフェデラーの姿に多くの人が胸を打たれただろう。

国際テニス殿堂のCEOであるトッド・マーティン氏は、「国際テニス殿堂へこの展示物の追加は、ロジャーのキャリアの最終章にふさわしい賛辞です。寛大な貸与とテニスの歴史をそのまま保存するという私たちの使命を尊重してくれたロジャーに心から感謝します。ロジャーの功績、テニス界のすべての人々の模範となったこと、そしてテニスの歴史への献身に祝意を表します。この展示が多くのファンや訪問者に刺激を与えることを、私たちは確信しています」とコメントを発表した。

国際テニス殿堂にはそのほかにも、今年の「全豪オープン」で優勝したナダルとアシュリー・バーティ(オーストラリア)が大会中に着用したウェアやシューズなどが寄贈され、展示されている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「レーバー・カップ」で胴上げされるフェデラー
(Photo by Julian Finney/Getty Images for Laver Cup)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. フェデラーが現役最後の試合で着用したウェアと引退を知らせたレターが、国際テニス殿堂で展示へ