ニュース News

キリオス、ジャバー、シャラポワも登場するテニスのドキュメンタリー配信日が決定。予告編も到着

「全豪オープン」でのナダルを追うカメラ

大手動画配信サービスのNetflixが制作する、テニス界に密着したドキュメンタリー『Break Point(原題)』。その配信開始日が決定した。ATP(男子プロテニス協会)とWTA(女子テニス協会)の公式ウェブサイトなど複数のメディアが伝えている。

F1の舞台裏を描く人気ドキュメンタリー『Formula 1:栄光のグランプリ』の制作会社が手掛けたこのドキュメンタリーは、2023年1月13日より配信される。2022年のATPやWTAのツアー、グランドスラムなどでの戦いを通して、世界トップレベルの選手たちのコート内外の姿に迫る内容だという。

2023年「全豪オープン」開幕の3日前から配信スタートとなるのは『Break Point』の最初の5話で、「全豪オープン」と「全仏オープン」のほか、インディアンウェルズ、マドリードの大会にフォーカスしたものになるという。残る5話では、「ウィンブルドン」と「全米オープン」のほか、イーストボーン大会、シーズン最終戦を追ったもので、こちらは同年6月の配信開始を予定している。

ドキュメンタリーに登場する主な選手は、ATPやAP通信によれば、男子ではステファノス・チチパス(ギリシャ)、フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)、テイラー・フリッツ(アメリカ)、ニック・キリオス(オーストラリア)、タナシ・コキナキス(オーストラリア)、キャスパー・ルード(ノルウェー)、フランシス・ティアフォー(アメリカ)、女子ではイガ・シフィオンテク(ポーランド)、パウラ・バドーサ(スペイン)、オンス・ジャバー(チュニジア)、アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)、マリア・サカーリ(ギリシャ)、アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)、スローン・スティーブンス(アメリカ)。今年をもって引退したロジャー・フェデラー(スイス)とセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)、グランドスラム優勝回数を22、21にそれぞれ伸ばしたラファエル・ナダル(スペイン)とノバク・ジョコビッチ(セルビア)は物語の中心とはならないようだ。

現役選手以外では、レジェンドのクリス・エバート(アメリカ)、マルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)、マリア・シャラポワ(ロシア)、アンディ・ロディック(アメリカ)がインタビューに応える形で登場するという。

オジェ アリアシムが「選手たちが協力したので、素晴らしい作品になると思う。これを通してファンがたくさん増えて、テニスに対する関心が高まったらいいね」と言えば、ティアフォーは「この作品の一部になれて嬉しい」と喜んでいる。

また、作品前半の配信日発表に合わせて、予告編も到着。選手たちが試合に臨んだりトレーニングに励んだり、大事な人たちとの時間を過ごしたり、涙を流したりする様子が映し出されている。

なおドキュメンタリーといえば、ジョコビッチも自身の人生とキャリアに迫ったドキュメンタリーのリリースを控えている。こちらは当初の予定では2021年内、遅くとも2022年当初には公開されるという話だったが、撮影が今年の半ばまで行われていたそうで、2022年内の公開も難しいかもしれない。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」でのナダルを追うカメラ
(Photo by Mark Metcalfe/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. キリオス、ジャバー、シャラポワも登場するテニスのドキュメンタリー配信日が決定。予告編も到着