ニュース News

19歳ルーネが最も優秀な新人に贈られるニューカマー賞を受賞

「全仏オープン」でのルーネ

コート上で戦う2022年シーズンは終わったが、19歳のオルガ・ルーネ(デンマーク)の快進撃はまだ続いているようだ。3度の優勝を遂げ、世界ランキングで初のトップ10入りを果たしたルーネは、ニューカマー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人)賞に輝いた。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが報じている。

受賞についてルーネは「ニューカマー賞を獲れてものすごく嬉しいよ。すごく意味のあることだ。一年間、最高の結果を出せるよう必死で頑張ってきて、同僚の選手たちが僕に投票してくれたのは本当に嬉しい。2023年が待ち切れない、来年も素晴らしい年になるといいな」と笑顔で話し、親指を立てて見せた。

2022年にルーネには、2度の絶好調の時期が訪れた。まずヨーロッパでのクレーコートのシーズンにトップ選手たちと戦えることを示してみせると、シーズン終盤の室内ハードコートシーズンには彼らを打ち負かし、タイトルを獲得するだけのパフォーマンスを見せた。

ルーネは4月29日に19歳になり、その2日後に「ATP250 ミュンヘン」でツアー初優勝。「全仏オープン」では世界ランキング4位のステファノス・チチパス(ギリシャ)を打ち負かして、グランドスラムで初めてベスト8に進出した。その後しばらく良い結果を残せなかったが、シーズン終盤に復活。「ATP250 ソフィア」と「ATP500 バーゼル」で準優勝、「ATP250 ストックホルム」とシーズン最後のマスターズ大会「ATP1000 パリ」でタイトルを獲得。ストックホルム大会の決勝では再びチチパスを、そしてパリ大会では当時世界10位のフベルト・フルカチュ(ポーランド)、同9位のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)、世界王者カルロス・アルカラス(スペイン)、世界8位フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、決勝では元世界王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)という難敵を次々に下し、初めてのトップ10入りを決めた(現在は世界11位)。

マスターズ1000大会での初優勝を遂げた後、ルーネは以下のように語っていた。「正直に言って素晴らしい気持ち、最高の気分だ。もし4週間前に僕がトップ10に入るだろうと言われたら、“何言ってんの?”って答えてただろう。でもここにたどり着いた、すごく誇らしいよ」

ニューカマー賞は、その年に初めて世界ランキング100位入りを果たした21歳以下の選手に贈られる。他の4人の候補者は20歳の世界42位ジャック・ドレイパー(イギリス)、21歳の世界81位イリ・ラフェチュカ(チェコ)、20歳の世界96位ベン・シェルトン(アメリカ)、21歳の世界98位ツェン・チュンシン(台湾)だった。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全仏オープン」でのルーネ
(Photo by Aurelien Meunier/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 19歳ルーネが最も優秀な新人に贈られるニューカマー賞を受賞