ニュース News

36歳の元世界王者ナダルがファン投票によるファンズフェイバリット賞を初受賞

2022年「全仏オープン」トロフィーを持つナダル

2001年にプロテニス選手となったラファエル・ナダル(スペイン)は21年後の今年も素晴らしいシーズンを送ったが、そのしめくくりにファン投票によって「一番好きな選手」を選ぶ「ファンズフェイバリット賞」を初受賞した。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトなどが報じている。

ナダルは昨シーズン、足の怪我のため8月の半ば以降はすべての大会を欠場し、今年1月に約5ヶ月ぶりに実戦に復帰。状態が心配されたが、開幕20連勝というキャリア最高のスタートを切った。連勝中に「全豪オープン」で21回目のグランドスラム優勝を果たすと、6月には「全仏オープン」も制してグランドスラム男子シングルス最多優勝記録を22に更新した。

今回の受賞に当たってナダルは、「2022年のファンズフェイバリット賞を受賞してとても嬉しいよ、いい気持ちだ。この賞についてだけじゃなく、世界中のあらゆる都市でみんながくれるサポートに感謝してもしきれない。僕にとってはそれがすべてだ。2023年にもみんなとたくさんのポジティブなことを分け合うのをとても楽しみにしている。もうすぐ会おう」と、笑顔で感謝を述べる動画をSNSでシェアした。

今年、ナダルは2つのグランドスラムタイトルの他に、「ATP250 メルボルン」と「ATP500 アカプルコ」でも優勝し、キャリア通算タイトル獲得数を92に伸ばした。ファンズフェイバリット賞は初受賞だが、ATPアワードの他のカテゴリーでは、ニューカマー(新人)賞、最も進歩した選手賞、カムバック賞、スポーツマンシップ賞、アーサー・アッシュ人道賞を過去に受賞。年末世界ランキング1位に5度輝いている。

ファンズフェイバリット賞は2003年から2021年まで19年連続で元世界王者ロジャー・フェデラー(スイス)が受賞していたが、ファン投票の対象は11月7日時点で世界ランキング100位内の選手だったため、7月にランキングポイントがすべて消失したフェデラーは、今年は候補に含まれなかった。

ファンズフェイバリット・ダブルスチーム賞は、「全豪オープン」で旋風を巻き起こしグランドスラムを初制覇したニック・キリオス(オーストラリア)とタナシ・コキナキス(オーストラリア)ペアが受賞している。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2022年「全仏オープン」トロフィーを持つナダル
(Photo by Andy Cheung/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 36歳の元世界王者ナダルがファン投票によるファンズフェイバリット賞を初受賞