ニュース News

ジュニアのITF大会「リポビタン国際ジュニア in 愛媛」のベスト8が出揃う!

「リポビタン国際ジュニア in 愛媛」大会中の様子

現役を引退した今もジュニアの育成により日本のテニス界を牽引する伊達公子とヨネックスが、今年も「リポビタン国際ジュニア in 愛媛」(日本・松山/12月7日~12月11日/ハードコート)を開催。大会2日目にはシングルス2回戦とダブルス1回戦が行われ、それぞれベスト8が出揃った。大会公式サイトが伝えている。

ITF(国際テニス連盟)ジュニア大会ではグレード5に該当する「リポビタン国際ジュニア in 愛媛」は、愛媛県総合運動公園で開催されている。シングルス本戦に男女各32名、ダブルス本戦には男女各16組が出場。シングルス本戦は3セットマッチ、ダブルス本戦では第3セットは10ポイントのマッチタイブレークが採用されている。

男子シングルスでは、1回戦をストレートで快勝した第1シードの増田真吾(日本/TENNIS SUNRISE 朝霧)が、2回戦も宮里琉星(日本/佐土原高校)に6-2、6-4で勝利し準々決勝まで駒を進めた。そのほかシード選手では、第2シードの山本夏生(日本/トップランAIOI)や第3シードの前田透空(日本/トップランAIOI)、第4シードの逸﨑獅王(日本/トップランAIOI)、第5シードの島笙太(日本/関西高校)、第6シードの木村一翔(日本/関西高校)、第8シードの石橋煌志(日本/TTC)と、計7名のシード選手がベスト8入りを果たした。

一方女子シングルスでは、第5シードの上野梨咲(日本/やすいそ庭球部)、第7シードのラーマン杏奈(日本/JITC)、第8シードの田島楓(日本/トップランAIOI)が初戦で敗退。2回戦では、第2シードの中岡咲心(日本/やすいそ庭球部)がノーシードの里菜央(日本/トップランAIOI)に、第3シードの小坂莉來(日本/LYNX TA 奈良)がノーシードの早坂来麗愛(日本/ウイニングショット)にそれぞれストレート負けを喫した。準々決勝まで勝ち進んだ残りのシード選手は、第1シードの新井愛梨(日本/同志社国際高校)、第4シードの市岡梓奈(日本/グリーンテニスプラザ)、第6シードの古谷ひなた(日本/有明ジュニアTA)になる。

ダブルスでは、男子の第1シード、逸﨑/木村ペア、第2シードの前田/若松泰地(日本/トップランAIOI)ペア、第3シードの浅田紘輔(日本/佐土原高校)/島ペア、第4シードの小野クリストファー滉生(日本/トップランAIOI)/大岡歩生(日本/トップランAIOI)ペアのシード勢全員がベスト8入り。女子のシード勢は第1シードのラーマン/金巻知里(日本/葉山TC)ペア、第2シードの岸本聖奈(日本/岡山学芸館高校)/中岡ペア、第3シードの里/田島ペアが準々決勝へと駒を進めた。

「リポビタン国際ジュニア in 愛媛」の試合は、本日の準々決勝から11日の決勝戦までWOWOWの公式YouTubeチャンネルで無料ライブ配信される。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「リポビタン国際ジュニア in 愛媛」大会中の様子
(Photo by WOWOWテニスワールド)

女子 未来応援プロジェクト Go for the Grand Slam
可能性を秘めた原石たちを応援して
女子テニスの未来をともに切り開こう
https://www.wowow.co.jp/goforthegrandslam/
伊達公子氏が2019年より開始したジュニア育成プロジェクト
『リポビタン Presents伊達公子×YONEX PROJECT ~Go for the GRAND SLAM~』。
その志に賛同したWOWOWが、ともに日本テニスの未来を築くための応援企画です。

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ジュニアのITF大会「リポビタン国際ジュニア in 愛媛」のベスト8が出揃う!