ニュース News

オフシーズンにもテニスは止まらない! 12月開催の大会まとめ

2021年「Nitto ATPファイナルズ」でのメドベージェフ(左)とズベレフ

シーズン最終戦や国別対抗戦の決勝トーナメントも終わったが、テニスは止まらない。あちこちでスター選手たちが出場するエキシビション大会が開催され、2023年シーズンに向かってエンジンはかかりっぱなしだ。米テニスメディアTennis World USAが報じている。

世界ランキング2位のラファエル・ナダル(スペイン)と同3位のキャスパー・ルード(ノルウェー)は、すでに中南米のアルゼンチン、チリ、ブラジル、エクアドル、メキシコをめぐるツアーを終えている。

12月8日から10日までは、サウジアラビアで「ディルイーヤ・テニスカップ」が開催される。12人の選手が出場し、初日にシングルス1回戦と準々決勝、2日目にシングルスとダブルスの準決勝、最終日に決勝が行われる。出場予定選手は世界4位のステファノス・チチパス(ギリシャ)、元世界王者ダニール・メドベージェフ(ロシア)、世界8位のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)、世界9位のテイラー・フリッツ(アメリカ)、元世界2位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、キャメロン・ノリー(イギリス)、ニック・キリオス(オーストラリア)、元世界3位のドミニク・ティーム(オーストリア)、同じく元世界3位のスタン・ワウリンカ(スイス)、元世界6位のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)など。

人権問題で批判されている国にエキシビションマッチで訪れる選手たちを批判する声もあるが、これだけの豪華メンバーが出場する大会、注目度は高いだろう。また公式戦ではないとはいえ、「全仏オープン」準決勝で右足首に大怪我を負って以来、初めて試合に復帰することになるズベレフの回復具合にも注目が集まっている。さらに優勝賞金100万ドル(約1億3400万円)、準優勝50万ドル(約6700万円)、準決勝進出者には25万ドル(約3350万円)という巨額の賞金も大きな話題だ。

12月16日から18日には、UAEのアブダビで「ムバダラ・ワールド・テニス選手権」が開催される。出場選手は男子選手が6人、女子選手が2人。まず初日にチチパスとノリー、ルブレフとフランシス・ティアフォー(アメリカ)、オンス・ジャバー(チュニジア)とエマ・ラドゥカヌ(イギリス)が対戦。2日目には男子の5位決定戦と、チチパス/ノリーの勝者とルードが、ルブレフ/ティアフォーの勝者と世界王者カルロス・アルカラス(スペイン)が準決勝を戦う。最終日には3位決定戦と決勝が行われる。

続く12月19日から24日には、新しく始まる男女混合団体戦「ワールド・テニス・リーグ」がアラブ首長国連邦のドバイで開催される。これは出場選手らが男女混合の4チームに分かれてシングルスと混合ダブルスによるリーグ戦を行い、トップの2チームが最終日に決勝で対戦して優勝チームを決定するというもの。この大会の出場選手は元世界王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ズベレフ、ティーム、キリオス、フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、19歳のオルガ・ルーネ(デンマーク)、元世界3位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、世界女王イガ・シフィオンテク(ポーランド)、パウラ・バドーサ(スペイン)、アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)、「ウィンブルドン」女王のエレナ・リバキナ(カザフスタン)、元全米女王ビアンカ・アンドレスク(カナダ)など、こちらも実に豪華な顔ぶれだ。

そしてそれから一週間もたたずに、テニスツアーは新しい男女混合の国別対抗戦「ユナイテッドカップ」(オーストラリア・ブリスベン、パース、シドニー/2022年12月29日~2023年1月8日/ハードコート)をもって2023年シーズン開幕を迎える。

※為替レートは2022年12月2日時点

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「Nitto ATPファイナルズ」でのメドベージェフ(左)とズベレフ
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. オフシーズンにもテニスは止まらない! 12月開催の大会まとめ