ニュース News

オジェ アリアシム擁するカナダが悲願の初優勝!デミノーの率いたオーストラリアは涙をのむ[デビスカップ by Rakuten ファイナルズ]

「デビスカップ」初優勝を喜ぶカナダチームとサポーターたち

世界のベスト8チームによる最後の決勝トーナメントが行われた「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」(スペイン・マラガ/11月22日~11月27日/室内ハードコート)。もう一つの国別対抗戦「ATPカップ」優勝で今季の開幕を飾ったカナダチームが、「デビスカップ」も制してシーズンを終了した。大会公式ウェブサイトなどが報じている。

カナダは2019年に初めて「デビスカップ」決勝に進出したが、その時はデニス・シャポバロフがスペインのラファエル・ナダルに、フェリックス・オジェ アリアシムがロベルト・バウティスタ アグートに敗れて、準優勝に終わっていた。

だが今回の決勝ではまず世界18位のシャポバロフが、オーストラリアチームの世界95位タナシ・コキナキスに6-2、6-4で勝利。シャポバロフは試合の間中ずっとコキナキスのサーブを読み、素晴らしいリターンゲームを展開して4度ブレークに成功。ラリー中も終始コキナキスにプレッシャーをかけ続け、90分で勝利した。

続く両エース同士の対戦では、今季60勝27敗、4度の優勝を遂げてキャリアハイの世界6位でシーズンを終えたオジェ アリアシムが、それまでオーストラリアチームをけん引してきた世界24位のアレックス・デミノーを圧倒。22本のウィナーを決め、相手の8度のブレークポイントをすべて凌いで、6-3、6-4でカナダに初の栄冠をもたらした。

この勝利についてオジェ アリアシムは、「この気持ちは言葉では言い表せない。デニスと僕は共に成長してきた、こんな舞台に立つこと、“デビスカップ”で優勝することを夢見ながら。僕自身にとっても、僕らの国にとっても素晴らしい瞬間だ」と感動をあらわにした。

盟友シャポバロフは「前にも決勝の舞台に立っていたことが役立った。あの時はすべてが新しい経験で、決勝に進めたことでほっとしていたけれど、今日はトロフィーを獲得するために戦った」と自分たちの成長を明かした。

また、若いチームメイトたちに慕われる存在でもある32歳のバセック・ポスピショルは、「何年もこのことを夢見てきた。世界チャンピオンになれて、言葉が出ない。彼ら(オジェ アリアシムとシャポバロフ)はもう子供じゃない、強さを見せつけてきた。チーム全員が心を一つにして戦えなければこの大会で優勝することはできない。僕らはそれができた」とチームの大切さを強調。

「デビスカップ」優勝が初めてだったカナダチームに対し、オーストラリアは過去に28回、同大会を制したことがあるが、最後に優勝したのはほぼ20年前の2003年だ。その時のチームメンバーであり、現チームのキャプテンを務める元世界王者レイトン・ヒューイットは、「選手たちは一年中、努力を惜しまずプレーし続けた。今日も、持てる力のすべてを出して戦った。あと少しのところで敗れてしまったが、この上なく誇りに思う。オーストラリア国民すべてに誇りに思って欲しい」と選手らの健闘を讃えた。

最後に力尽きたデミノーは、「今日もあと少しだった。次に同じ対戦をする時まで待っていて欲しい。次こそは勝って、僕らにはできると証明してみせる」と心は折れていないことを示した。

会場には元世界王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)もテニスが大好きな8歳の息子ステファンくんとともに観戦に訪れて、ハイレベルなテニスと国別対抗戦ならではの雰囲気を楽しんだようだ。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「デビスカップ」初優勝を喜ぶカナダチームとサポーターたち
(Photo by Fran Santiago/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. オジェ アリアシム擁するカナダが悲願の初優勝!デミノーの率いたオーストラリアは涙をのむ[デビスカップ by Rakuten ファイナルズ]