ニュース News

オーストラリアがオランダを、クロアチアがスペインを下してベスト4進出[デビスカップ by Rakuten ファイナルズ]

「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」で勝利を喜ぶチリッチとクロアチアチーム

いよいよベスト8による決勝トーナメントを迎えた「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」(スペイン・マラガ/11月22日~11月27日/室内ハードコート)。まずはオーストラリアとクロアチアが準決勝に駒を進めた。大会公式ウェブサイトなどが報じている。

オーストラリアチームは、第1試合で世界ランキング84位のジョーダン・トンプソンがオランダの世界96位タロン・グリークスプアに4-6、7-5、6-3で逆転勝利。トンプソンは16本のサービスエースを決め、相手のサービスゲームを3回ブレークした。続いてオーストラリアのエース、世界24位のアレックス・デミノーが世界35位のボティック・ファン デ ザンツフープに5-7、6-3、6-4でこちらも逆転勝ち。最後のダブルスを待たずしてベスト4進出を決めた。

デミノーは試合後に「僕らは素晴らしいチームだ、信じる気持ちと情熱をすごく持っている。一人一人が国のためにできることをすべてやるよ」と熱く語った。オーストラリアチームのキャプテンを務める元世界王者のレイトン・ヒューイットは、「選手たちをこの上なく誇りに思う。彼らは長い一年を戦ってきた後だ。この3年、大会はいろいろな変化を加えてきたけれど、今回もまた選手たちには国のために大きな犠牲を強いている」と大会のあり方を批判した。

もう一つの準々決勝は、2018年優勝のクロアチアと2019年覇者スペインの対決となった。まずクロアチアの世界26位ボルナ・チョリッチが、世界21位のロベルト・バウティスタ アグートに6-4、7-6(4)でストレート勝利。チョリッチは27本のウィナーを決め、たった一度握られたブレークポイントをしのいだ。続いてクロアチアの元世界3位マリン・チリッチが、世界13位のパブロ・カレーニョ ブスタとの5-7、6-3、7-6(5)という3時間超えの接戦を制して、クロアチアを準決勝に導いた。

初戦を制したチョリッチは、「サーブがとても良かったから、自分のサービスゲームではリラックスしていられた。それと頭脳的なプレーができた。攻める必要がある時に攻めて、守るべき時は守れた。リズムを変えることもできた、自分のプレーにとても満足しているよ」と試合を振り返った。クロアチアは現地25日に準決勝でオーストラリアと対戦する。

準々決勝の残る2つの対戦は、イタリア対アメリカとドイツ対カナダ。本日準々決勝が行われ、勝利した2チームが26日に行われる準決勝で戦うこととなる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」で勝利を喜ぶチリッチとクロアチアチーム
(Photo by Sanjin Strukic/Pixsell/MB Media/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. オーストラリアがオランダを、クロアチアがスペインを下してベスト4進出[デビスカップ by Rakuten ファイナルズ]