ニュース News

錦織圭も学んだアカデミーの創設者、訃報を自ら否定「まだ生きていて元気だ」

2015年、メディアからの質疑応答に応えるボロテリー

錦織圭(日本/ユニクロ)やアンドレ・アガシ(アメリカ)、マリア・シャラポワ(ロシア)などが学んだことで知られる、アメリカのフロリダ州にある有名なテニスアカデミー、IMGアカデミーの創設者が今月20日に亡くなったという訃報が流れるも、直後に本人がそれを否定する事態となった。米テニスメディア Tennis World USAなど複数のメディアが報じている。

現在91歳のニック・ボロテリーは、1978年に自身の名前を冠したテニスアカデミーをフロリダ州に創設し、プロを目指す若者に初めて練習と学業を両立できる場を提供した。その後アカデミーは1987年にスポーツマネジメント会社のIMGに買収され、IMGアカデミーと改名。競技と施設を増やしながら世界有数のアスリート養成所へと成長していった。その間、テニス選手としては前述の3人のほか、ボリス・ベッカー(ドイツ)、ジム・クーリエ(アメリカ)、モニカ・セレス(アメリカ)、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)、ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)といった数多くのトップ選手がこの全寮制の施設で練習を積み、プロとして成功している。

2014年に国際テニスの殿堂入りを果たしているボロテリーは、88歳だった2020年のある日、トレーニング中にコートで倒れた。当時、肝臓病を患っていると報じられたボロテリーはその後も体調が優れなかったが、今月19日に娘のアンジェリークさんが最新情報を報告。ベッドに横たわる父親のそばにいる写真をFacebookに投稿し、「父はもうすぐ次の場所へと向かいます。もしかしたら感謝祭(11月24日)は私たちと一緒にいてくれるかもしれません。安らかな旅立ちと素晴らしい旅のために、どうか父のことを思い続けていてください」とコメントを添えていた。これで死期が近づいているという見方が強まったのか、翌20日に亡くなったと一部で報道されることに。

しかしその直後、ボロテリー本人がテニスアカデミーの公式Twitterにこう綴って死亡説を否定。「皆さんが耳にしたこととは違い、私はまだ生きていて元気だ。この年老いたイタリア人をおとなしくさせるものはそうない。家族やたくさんの見舞い客がいて、私はとても幸せだ!皆さんからのメッセージや電話に励まされている。私は常に“簡単ではない”と言い続けてきたが、その甲斐があった。私はなんて恵まれた人間なんだ。皆さんの幸運を祈っている」

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2015年、メディアからの質疑応答に応えるボロテリー
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 錦織圭も学んだアカデミーの創設者、訃報を自ら否定「まだ生きていて元気だ」