ニュース News

21歳の内島萌夏がシングルスで、本玉真唯らがダブルスで準決勝に挑む[安藤証券オープン]

「安藤証券オープン東京2022」での内島

有明テニスの森公園で開催中の「安藤証券オープン東京2022」(日本・東京/11月15日~11月20日/ハードコート)。第2シードの内島萌夏(日本/安藤証券)がシングルスで、本玉真唯(日本/島津製作所)らがダブルスでベスト4に勝ち進み、本日決勝進出をかけて準決勝を戦う。大会公式ウェブサイトなどが報じている。

世界ランキング106位の内島は、ここまで3試合すべてストレート勝利、落としたゲーム数は合計12ゲームと好調だ。準決勝で対戦する第4シードの世界178位ハン・ナレ(韓国)は、3試合で20ゲームを落としているが、やはりすべてストレート勝ち。21歳の内島と30歳のハンはこれが初対戦となる。内島は今季、今大会と同じW60レベルの大会で2度、W25レベルの大会で1度、タイトルを獲得している。この試合は本日10時よりコート5で開始予定だ。

続く第2試合は、第1シードの世界99位ワン・シンユー(中国)と、先日「2022 ビリー・ジーン・キング・カップ by ゲインブリッジ プレーオフ」で内島から勝利をあげた世界340位のカタリナ・ザワツカ(ウクライナ)の対戦となった。

ベスト8に進出していた第5シードの土居美咲(日本/ミキハウス)はワンにフルセットで逆転負け。シングルス第6シードだった本玉も、ザワツカに逆転で敗れた。第8シードの岡村恭香(日本/橋本総業ホールディングス)はハンに、ノーシードだった小堀桃子(日本/橋本総業ホールディングス)は内島に、それぞれストレートで敗退した。

13時以降に行われるダブルスの準決勝では、いずれもノーシードの本玉と波形純理(日本/フリー)のペアが、川岸七菜(日本/フリー)/上田らむ(日本/ノア・インドアステージ)ペアと対戦。本玉/波形ペアはここまで2試合ともストレート勝利。初戦を2セットで制した川岸/上田ペアは、準々決勝では第4シードだった岡村/Peangtarn Plipuech(タイ)ペアを7-5、1-6、[10-7]で下している。

ダブルスのトップハーフの準決勝は昨日一足先に行われ、第1シードのシェイ・ユーチエ(台湾)/ジェシー・ロンピス(インドネシア)ペアが、村松千裕(日本/グラムスリー)/佐藤南帆(日本/慶應義塾大学)ペアに3-6、6-3、[10-6]の逆転勝利で決勝進出を決めた。

日本のトップ選手たち、海外の一流選手たちが素晴らしい戦いを見せてきた大会も残すところあと2日。栄冠を手にするのは誰だろうか。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「安藤証券オープン東京2022」での内島
(Photo by Jet田中)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 21歳の内島萌夏がシングルスで、本玉真唯らがダブルスで準決勝に挑む[安藤証券オープン]