ニュース News

最終戦で珍事!ジョコビッチはエスコートキッズを間違え、チチパスは置いていく【動画アリ】

2021年「全仏オープン」でのチチパス(左)とジョコビッチ

開催中の「Nitto ATPファイナルズ」(イタリア・トリノ/11月13日~11月20日/室内ハードコート)で、元世界王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と世界ランキング3位のステファノス・チチパス(ギリシャ)の対戦の前に、珍事が起こっていた。英Express紙が報じている。

同大会では選手が入場する時に、それぞれに一人のボールキッズと手をつないで歩くことになっているが、ジョコビッチはその子どもを間違え、チチパスはボールキッズを置いていってしまった。

35歳のジョコビッチと24歳のチチパスは、わずか9日前にも対戦したばかり。2人は4人中3人がこの大会の優勝経験者という厳しいグループで、総当たり戦を戦っている。9日前の「ATP1000 パリ」準決勝では最終セットタイブレークという接戦の末に敗れていたチチパスは、リベンジに燃えていただろう。それでうっかりボールキッズのことを忘れてしまったのだろうか。

最初に登場したジョコビッチはボールキッズと手をつなぎに行ったが、彼はチチパスと入場する子どもだったので、もう一人の男の子を指さした。間違いに気づいたジョコビッチは、笑いながら自分の担当の子どもの方へ行き、手をつないでコートに向かった。

続いてチチパスが入場したが、チチパスは子どもの方を見もせずまっすぐにコートの方へ。驚いた男の子は慌ててチチパスを追いかけ、自分の失策に気づいたチチパスは少年と手をつないで進んでいった。

試合の方は、またもタイブレークに持ち込まれたが、6-4、7-6(4)でジョコビッチがストレートで勝利。ジョコビッチの妻と幼い二人の子ども、愛犬までがトリノに応援に駆けつけている。6度目の優勝を狙うジョコビッチと、初戦に敗れてしまったことにより年末1位の夢が潰えたチチパスだが、大会はまだ始まったばかりだ。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「全仏オープン」でのチチパス(左)とジョコビッチ
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 最終戦で珍事!ジョコビッチはエスコートキッズを間違え、チチパスは置いていく【動画アリ】