ニュース News

サバレンカが3連勝のサカーリとともにベスト4進出。ジャバー、ペグラは敗れる[WTAファイナルズ]

「WTAファイナルズ フォートワース」でのサバレンカ

現地4日に行われたシーズン最終戦「WTAファイナルズ フォートワース」(アメリカ・フォートワース/10月31日~11月7日/ハードコート)5日目、シングルスのナンシー・リッチー・グループに属する4人の第3戦が行われた。WTA(女子テニス協会)公式ウェブサイトが報じている。

シングルスに出場する8人の選手たちは、まず4人ずつの2グループに分かれて総当たり戦を戦い、その後に各グループの上位2人、計4人がトーナメント方式で優勝を争う。

第2戦終了時点で第5シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)が2連勝でベスト4進出を確定。一方で残る3人、第2シードのオンス・ジャバー(チュニジア)、第3シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ)、第7シードのアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)は、いずれも準決勝進出の可能性を残していた。

第3戦では、まず1勝1敗のサバレンカと2連敗のペグラが対戦。第1・第2セットとも先にブレークに成功したサバレンカが6-3、7-5のストレートで勝利した。これにより、まずペグラのグループステージ敗退が決定。その後、1勝1敗のジャバーが2連勝のサカーリにストレートで勝てば自力でベスト4進出を果たすところだったが、ジャバーは相手の3倍以上となる31本のアンフォーストエラーを犯してしまい、2-6、3-6の敗戦。結果、3連勝のサカーリがグループ1位、2勝1敗のサバレンカが2位で準決勝へ進むことになった。

前回大会に続いて2年連続のベスト4進出となったサカーリは、「これまでやってきたことを今後も続けていくだけよ。自分を信じてる。コートでは怖いものなしなの。ここで楽しむことができているわ」と今大会での出来に満足感を示している。

自分の試合に勝って、次の試合の結果を待つことになったサバレンカは、試合中は「とにかく集中して、戦い続けるの。ストレートでもフルセットでもいいから勝利するのよって自分に言い聞かせ続けたわ」と明かす。それでも試合の最後にはベスト4を懸けた一戦であることが頭をよぎって多少プレッシャーを感じたそうだが、見事にストレート勝利。マッチポイントでバックハンドのウィナーを決めた直後、雄叫びをあげた。前回大会でのサバレンカはグループステージで姿を消していた。

一方、シングルスでもダブルスでも3連敗でグループステージ敗退となったペグラは、以下のように大会を振り返った。「両方でプレーしたことを悔やんではいないわ。一つの大会でシングルスとダブルスのどちらにも参加することは慣れているもの。厳しいけど、これがテニス。調子がいい週があれば、次の週には不調なこともある。調子の波が一定じゃないの。いい一年を過ごしてきたからここ(シーズン最終戦)に来ることができたけど、すべての試合に負けてしまった。でも敗戦の数はここ3ヶ月の間に喫した黒星と同じ数なのよ」

ダブルスでは、ロージー・カザルス・グループの第3戦が行われた。ともに1勝1敗で最終戦を迎えた第6シードのシュー・イーファン(中国)/ヤン・ザオシャン(中国)ペアと第8シードのデズレイ・クラブチェク(アメリカ)/デミ・シヒュース(オランダ)ペアが対戦。勝った方がベスト4進出となる一戦で、シュー/ヤン組が開始早々に2-0とリードしたが、サービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームでブレークバックされて5-5。クラブチェク/シヒュース組が4つのミニブレークに成功してタイブレークをモノにすると、ブレーク合戦となった第2セットも取り、7-6(2)、6-3で勝利した。

昨年は別の選手と組んでファイナルズ初出場を果たしたもののグループステージで敗れていたクラブチェクは、今回の試合について「彼女たちは素晴らしいチームだから、私たちとしては自分にできる最善のことをした。序盤から積極的に行くようにしたの。プレッシャーのかかる状況だったけど、いい仕事ができたと思う」と振り返った。相棒のシヒュースはこれで3年連続のベスト4進出。3大会すべて異なるパートナーと成し遂げている。

その後、2連勝ですでにベスト4行きを決めている第1シードのバーボラ・クレイチコバ(チェコ)/カテリーナ・シニアコバ(チェコ)ペアが、2連敗でグループステージ敗退確定となった第3シードのペグラ/ココ・ガウフ(アメリカ)ペアに6-2、6-1の快勝。前回覇者のクレイチコバ/シニアコバが連覇へ向けて3連勝を飾っている。

シングルス、ダブルスのベスト4が決まる大会6日目の対戦カードは以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<第1試合>
リューメラ・キッチュノック(ウクライナ)/エレナ・オスタペンコ(ラトビア)[5] vs アンナ・ダニリナ(カザフスタン)/ベアトリス・アダッド マイア(ブラジル)[7]
<第2試合>
カロリーヌ・ガルシア(フランス)[6] vs ダリア・カサキナ(ロシア)[8]
<第3試合>
イガ・シフィオンテク(ポーランド)[1] vs ココ・ガウフ(アメリカ)[4]
<第4試合>
ガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/ジュリアナ・オルモス(メキシコ)[2] vs ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)/エリース・メルテンス(ベルギー)[4]

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「WTAファイナルズ フォートワース」でのサバレンカ
(Photo by Robert Prange/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. サバレンカが3連勝のサカーリとともにベスト4進出。ジャバー、ペグラは敗れる[WTAファイナルズ]