ニュース News

男子は今井が関口を下し初優勝!添田の引退セレモニーには錦織登場[全日本テニス選手権]

「全日本テニス選手権」での(左から)関口、今井、添田、錦織

有明コロシアムならびに有明インドアコートで開催された「大正製薬リポビタン 全日本テニス選手権97th(以下、「全日本テニス選手権」)」(日本・東京/10月22日~10月30日/ハードコート)。男子の決勝では第1シードの今井慎太郎(イカイ)と第4シードの関口周一(Team REC)のフルセットの熱戦を今井が制した。決勝後に行われた添田豪(GODAI)の引退セレモニーには、錦織圭(ユニクロ)がサプライズで登場した。

今井は4試合で1セットも落とさず、昨年に続いて決勝に進出。関口は3回戦でノーシードの仁木拓人(三菱電機)と、4回戦で第7シードの川上倫平(橋本総業ホールディングス)とそれぞれフルセットを戦っていた。

第1セットでは関口が7度のブレークチャンスを作るが6度しのがれてしまい、今井は3度しか作れなかったチャンスのうち2度を生かしてセットを先取。だが第2セットでは関口がたった一度のチャンスを決めてセットカウントをタイにする。勝負の第3セットでは互いに一度ずつチャンスを作り、今井がそれを生かして7-5、4-6、6-3という僅差の試合を制し、悲願の初優勝を遂げた。

今井は試合後に、「一試合一試合本当に苦しい場面もあり、その中でもしっかり自分の状態を整えて最後まで勝ち抜くことができて、とても嬉しい気持ちでいっぱいです」と喜びを語った。

世界ランキング502位、29歳の今井は、これまでに11回ITF(国際テニス連盟)などの国際大会で優勝、今年もインドネシアとタイの大会を制している。31歳の関口は世界577位。これまでに10の国際大会で優勝、今年は5月のギリシャの大会でタイトルを獲得。札幌で行われた「Uchiyama Cup」の一週目には準優勝している。

男子ダブルスでは、第1シードの上杉海斗(江崎グリコ)/松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)ペアが、第4シードの仁木/柚木武(イカイ)ペアを6-3、6-4で破って大会2連覇を果たした。

また決勝後に行われた添田の引退セレモニーには、日本に帰国したばかりの錦織がサプライズで登場。黒いスーツ姿で添田に花束を手渡し、そのキャリアを讃えて今後の活躍にエールを贈った。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全日本テニス選手権」での(左から)関口、今井、添田、錦織
(Photo by WOWOWテニスワールド)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 男子は今井が関口を下し初優勝!添田の引退セレモニーには錦織登場[全日本テニス選手権]