ニュース News

元世界女王ウォズニアッキに第二子誕生!長女との写真をシェア、選手らが祝福

ウォズニアッキ

テニスの元世界女王で2018年「全豪オープン」チャンピオンであるカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が、第二子となる長男を出産。ジェームズと名付けられたとSNSで報告した。WTA(女子テニス協会)公式ウェブサイトなどが報じている。

ウォズニアッキは10月27日にSNSを更新し、第二子の誕生を報告した。ウォズニアッキと元NBAのスター選手であるデビッド・リーの間には、昨年6月に長女オリビアちゃんが生まれている。ウォズニアッキはオリビアちゃんが1歳の誕生日を迎えた1週間後に、第二子の妊娠を報告していた。ウォズニアッキとリーは2019年に結婚している。

ジェームズくんの誕生を知らせたウォズニアッキの投稿に添えられた写真の中では、おしゃぶりを咥えて目を閉じている弟の横で、オリビアちゃんはびっくりしたような表情で口を開け目を見開いている。

「4人家族に。ジェームズ・ウォズニアッキ・リー、2022年10月24日生まれ。みんな健康で、オリビアはお姉ちゃんになってワクワク」とウォズニアッキはコメント。

当然この投稿には、現役選手のドナ・ベキッチ(クロアチア)、マディソン・キーズ(アメリカ)、オルガ・ルーネ(デンマーク)や、先輩ママのアナ・イバノビッチ(セルビア)、エレナ・ベスニナ(ロシア)、ジョハナ・コンタ(イギリス)らから多くの祝福の声が寄せられている。

この投稿のわずか4日前には、ウォズニアッキはお腹に手を当てた自撮り写真を投稿、「カウントダウン中」というキャプションを付けていた。

現役時代にウォズニアッキは71週世界ランキング1位に在位。2010年と2011年には年末1位を達成した。通算30タイトルを獲得しており、その中には2018年「全豪オープン」と2017年「WTAファイナルズ」のものが含まれる。2020年の引退後も、アメリカのESPNやTennis Channelでコメンテイターを務めるなど、テニス関連の活動を続けている。

先日もお伝えしたように、テニス界では近頃ベビーブームだ。ラファエル・ナダル(スペイン)の息子、エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)とガエル・モンフィス(フランス)夫妻の娘、ダニール・メドベージェフ(ロシア)の娘、そしてウォズニアッキの息子は、みんな同い年ということになる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真はウォズニアッキ
(Photo by Daniel Pockett/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 元世界女王ウォズニアッキに第二子誕生!長女との写真をシェア、選手らが祝福