ニュース News

今大会で引退の添田、接戦を制しベスト16進出。次戦は18歳の原﨑と![全日本テニス選手権]

「全日本テニス選手権」での添田

有明コロシアムならびに有明インドアコートで開催中の「大正製薬リポビタン 全日本テニス選手権97th(以下、「全日本テニス選手権」)」(日本・東京/10月22日~10月30日/ハードコート)。今大会をもっての引退を表明している添田豪(日本/GODAI)は、苦しみながらも2回戦を突破した。

38歳の添田は自己最高の世界ランキングは47位。2003年にプロに転向し、国内外で行われたITF(国際テニス連盟)やチャレンジャーなどの国際大会で24のシングルスタイトルを獲得した。2023年からは「デビスカップ」日本代表チームの監督となることも決まっている。

今大会第2シードの添田は初戦となった2回戦で、2021年「全日本学生室内テニス選手権」覇者である22歳の田口涼太郎(日本/近畿大学)と対戦。第1セットを先取した添田だったが、第2セットでは田口が粘りを見せる。最終セットでは添田がメディカルタイムアウトを取る場面もあったが、最後は気力で6-3、5-7、6-4という接戦を競り勝った。

試合後に添田は「今までだったら1回戦、2回戦は勝って当たり前という気持ちもありましたが、今回は2回戦から決勝戦のつもりで戦って、本当に勝てて嬉しいです。(次戦は)ここまできたら気持ちで負けないようにしたい」と語った。大会に向けて10月に集中して練習したという添田が1日も長く現役を続けられることを祈ろう。

その添田と本日3回戦で対戦するのは18歳の原﨑朝陽(日本/ノア・テニスアカデミー神戸垂水)。原﨑は2回戦で第13シードの川橋勇太(日本/マイシン)に1-6、7-6(9)、6-3で逆転勝利している。

そのほか男子では第1シードの今井慎太郎(日本/イカイ)、第4シードの関口周一(日本/Team REC)、第5シードの望月勇希(日本/エキスパートパワーシズオカ)、女子では第1シードの坂詰姫野(日本/橋本総業ホールディングス)、第2シードの細木咲良(日本/原商)、ノーシードの17歳、石井さやか(日本/HSS)らがベスト16に勝ち進んでいる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全日本テニス選手権」での添田
(Photo by WOWOWテニスワールド)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 今大会で引退の添田、接戦を制しベスト16進出。次戦は18歳の原﨑と![全日本テニス選手権]