ニュース News

ペグラが1000大会を制し初のトップ3入り!大坂は3ランクアップ

2021年「全豪オープン」での大坂なおみ

WTA(女子テニス協会)は24日、最新の世界ランキングを公表。大坂なおみ(日本/フリー)は先週から順位を3つ上げて43位に位置している。

「WTA1000 グアダラハラ」(メキシコ・グアダラハラ/10月17日~10月23日/ハードコート)では、第3シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ)がシングルスで初めて1000大会を制覇した。初戦から今年の「ウィンブルドン」女王エレナ・リバキナ(カザフスタン)との2時間超えの接戦を制すと、その後はビアンカ・アンドレスク(カナダ)、スローン・スティーブンス(アメリカ)、ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)という元グランドスラム覇者を全員ストレートで破り決勝に進出。決勝ではこれまで1勝3敗と相性の悪かった第4シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)を相手に、6-2、6-3で勝利を掴んだ。

シングルスでは2019年の「WTA250 ワシントンD.C.」以来、キャリア通算2度目の優勝を果たしたペグラは、「心の奥底で、“イガ・シフィオンテク(ポーランド)とオンス・ジャバー(チュニジア)は大会に参加していない。パウラ・バドーサ(スペイン)は初戦で棄権。これは優勝のチャンス”と思っていたの。世界3位という地位も手にしたかったし、勝つべき大会だった」と振り返る。続けて「これまで負けたほかの大会や決勝戦、ビッグマッチでは、いつも誰かのストーリーの脇役のように感じてたの。でも今日は自分のストーリーを綴っているようだったわ」と喜びを語った。順位は2つ上がり初のトップ3(3位)入り。2位ジャバーとの差を1,138ポイントから239ポイントまで縮めている。

ペグラに敗れたサカーリは、今季4回決勝に進みながらも全て準優勝止まりと、タイトルまであと一歩及ばず。順位は1アップの5位。またサカーリは今大会の準々決勝で、シーズン最終戦「WTAファイナルズ フォートワース」(アメリカ・フォートワース/10月31日~11月7日/ハードコート)の最後の出場枠を争っていた第8シードのベロニカ・クデルメトワ(ロシア)に勝利したことで、2年連続での出場を決めた。クデルメトワ、そして2回戦負けとなった第7シードのダリア・カサキナ(ロシア)は、いずれも3ランクアップで9位、8位とキャリアハイを更新している。ベスト4入りしたのはアザレンカとマリー・ブーズコバ(チェコ)というノーシード勢で、両者ともに10ランクアップでアザレンカは27位、ブーズコバはキャリアハイ更新となる28位へつけた。

第5シードのココ・ガウフ(アメリカ)は準々決勝まで勝ち進み、7位から4位まで順位を浮上させてキャリアハイを更新。この結果ペグラとガウフ、2人のアメリカ人選手がトップ4に名を連ねており、これは2010年10月18日の週にセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が2位、ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)が4位に位置して以来のことになる。

日本人では、ラッキールーザーで本戦入りの日比野菜緒(日本/ブラス)が初戦で敗れたものの、順位は4つ上がり144位。ダブルスでは、青山修子(日本/近藤乳業)が穂積絵莉(日本/日本住宅ローン)とペアを組み2回戦進出を果たした。青山は先週から順位変わらず23位のまま、穂積は1アップの37位に位置している。

またこの週は、昨年の「WTA500 モスクワ」でのポイントが失効したことで優勝者のアネット・コンタベイト(エストニア)が3位から17位に後退した。同大会で準優勝したエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)は1ダウンの20位で、ベスト8入りのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)は13位から57位へと大幅にランクダウン。

そのほかの日本人では、カナダのITF大会で2回戦まで駒を進めた内島萌夏(日本/フリー)が2つ順位を上げてキャリアハイ更新の109位に。柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)は、同大会にシングルスとダブルスの両方で出場。シングルスでは予選を突破して本戦2回戦まで進み、ダブルスではSabastiani Leon(アメリカ)とのペアでベスト8入り。シングルスの順位は579位から515位へ上昇し、ダブルスの順位は1つ落として22位としている。土居美咲(日本/ミキハウス)はフランスで行われた125大会で2回戦まで進出し、順位は4つ浮上して116位となった。

◇   ◇   ◇

【10月24日付最新WTAランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント

1. ← (1) イガ・シフィオンテク(ポーランド) 10,335
2. ← (2) オンス・ジャバー(チュニジア) 4,555
3. ↑ (5) ジェシカ・ペグラ(アメリカ) 4,316
4. ↑ (7) ココ・ガウフ(アメリカ) 3,271
5. ↑ (6) マリア・サカーリ(ギリシャ) 3,121
6. ↑ (10) カロリーヌ・ガルシア(フランス) 3,000
7. ↓ (4) アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ) 2,970
8. ↑ (11) ダリア・カサキナ(ロシア) 2,935
9. ↑ (12) ベロニカ・クデルメトワ(ロシア) 2,795
10. ↓ (9) シモナ・ハレプ(ルーマニア) 2,661
11. ↑ (15) マディソン・キーズ(アメリカ) 2,417
12. ↓ (8) パウラ・バドーサ(スペイン) 2,385
13. ↑ (14) ベリンダ・ベンチッチ(スイス) 2,365
14. ↑ (16) ダニエル・コリンズ(アメリカ) 2,292
15. ↑ (18) ベアトリス・アダッド マイア(ブラジル) 2,215
16. ↑ (21) ペトラ・クビトバ(チェコ) 2,097
17. ↓ (3) アネット・コンタベイト(エストニア) 2,093
18. ↑ (23) エレナ・オスタペンコ(ラトビア) 1,986
19. ↑ (22) リュドミラ・サムソノワ(ロシア) 1,961
20. ↓ (19) エカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア) 1,910
------------------------

27. ↑ (37) ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ) 1,597

28. ↑ (38) マリー・ブーズコバ(チェコ) 1,592

43. ↑ (46) 大坂なおみ(日本/フリー) 1,122

57. ↓ (13) ガルビネ・ムグルッサ(スペイン) 923

109. ↑ (111) 内島萌夏(日本/フリー) 569

116. ↑ (120) 土居美咲(日本/ミキハウス) 546

144. ↑ (148) 日比野菜緒(日本/ブラス) 435

515. ↑ (579) 柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス) 80

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「全豪オープン」での大坂なおみ
(Photo by Andy Cheung/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ペグラが1000大会を制し初のトップ3入り!大坂は3ランクアップ