ニュース News

最終戦残る3枠はメドベージェフ、ルブレフ、オジェ アリアシムに? Next Gen出場選手も続々決定!

「ATP1000 モントリオール」でのメドベージェフ

世界トップのシングルス8選手とダブルス8組だけが出場を許されるシーズン末の最終戦、「Nitto ATPファイナルズ」(イタリア・トリノ/11月13日~11月20日/室内ハードコート)。シングルスでは5選手、ダブルスでは4組が既に出場権を獲得しており、残りの枠に入る可能性がある選手たちは今週のウィーンとバーゼルでの2つのATP500大会と、来週のパリでのマスターズ1000大会に最後の望みをかける。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが報じている。

優勝すればテニス史上最高額の賞金獲得となる今年の「Nitto ATPファイナルズ」へ既に出場を決めているのは、シングルスではカルロス・アルカラス(スペイン)、ラファエル・ナダル(スペイン)、キャスパー・ルード(ノルウェー)、ステファノス・チチパス(ギリシャ)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の5人。ダブルスではヴェスレイ・クールホフ(オランダ)/ニール・スクプスキー(イギリス)ペア、ラジーブ・ラム(アメリカ)/ジョー・ソールズベリー(イギリス)ペア、マルセロ・アレバロ(エルサルバドル)/ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)ペア、ニコラ・メクティッチ(クロアチア)/マテ・パビッチ(クロアチア)ペアの4組だ。

出場権レースで10位のジョコビッチがレースランキング20位以内、グランドスラムで優勝という条件を満たして出場権を得ているため、残る選手たちの中で最終戦に出場できるのはレースで7位の選手まで。10月24日時点で5位がダニール・メドベージェフ(ロシア)、6位がアンドレイ・ルブレフ(ロシア)、7位がフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)となっているが、中でもオジェ アリアシムは先々週の「ATP250 フィレンツェ」と先週の「ATP250 アントワープ」で連続優勝を果たして、キャリア初の最終戦出場権獲得に弾みをつけた。とはいえ今週と来週の大会を誰かが連覇すれば一挙に1500ポイント獲得になることを考えれば、まだまだ油断は禁物だ。

オジェ アリアシムに次いで8位は「楽天ジャパンオープン」優勝者のテイラー・フリッツ(アメリカ)で、7位とは340ポイント差。9位は昨年最終戦に初出場を果たしたフベルト・フルカチュ(ポーランド)で、出場圏内の7位とは455ポイント差だ。10位はジョコビッチ、11位は未だ怪我から復帰のめどが立っていないアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)で、さらにキャメロン・ノリー(イギリス)、マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)、パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、ヤニク・シナー(イタリア)と続く。

10月24日時点でレースランキング5~15位の選手/ポイント/今週優勝した場合の31日時点でのポイント/今週出場する大会
5位 ダニール・メドベージェフ/3555/4055/ウィーン
6位 アンドレイ・ルブレフ/3440/3850/ウィーン
7位 フェリックス・オジェ アリアシム/3225/3635/バーゼル
8位 テイラー・フリッツ/2885/3365/ウィーン
9位 フベルト・フルカチュ/2770/2370/ウィーン
10位 ノバク・ジョコビッチ/2720 出場権獲得、今週は出場なし
11位 アレクサンダー・ズベレフ/2700 今週は出場なし
12位 キャメロン・ノリー/2400/2855/ウィーン
13位 マッテオ・ベレッティーニ/2375/2875/ウィーン
14位 パブロ・カレーニョ ブスタ/2360/2815/バーゼル
15位 ヤニク・シナー/2310/2810/ウィーン

「Nitto ATPファイナルズ」同様、21歳以下のトップ8選手で争われる「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」(イタリア・ミラノ/11月8日~11月12日/室内ハードコート)への出場権争いもヒートアップしている。こちらで既に出場が決まっているのはロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)、オルガ・ルーネ(デンマーク)、ジャック・ドレイパー(イギリス)、ブランドン・ナカシマ(アメリカ)、イリ・ラフェチュカ(チェコ)の5人。現在出場圏内にいる残り3人は、ツェン・チュンシン(台湾)、フランチェスコ・パッサーロ(イタリア)、ドミニク・ストリッカー(スイス)だ。

21歳のツェンは今週は大会に出場していないが、今季はチャレンジャー大会で2度優勝。ロスカボスでツアー初勝利を挙げるなど、素晴らしいシーズンを送っている。パッサーロも今週は大会に出場しないが、ストリッカーには10月24日時点で51ポイント差をつけている。ストリッカーは今週、地元スイスの大会である「ATP500 バーゼル」に出場。

まだ出場権獲得のチャンスが残っているマッテオ・アルナルディ(イタリア)、ルカ・ナルディ(イタリア)、Filip Misolic(オーストリア)、ティモフェイ・スカトフ(カザフスタン)、Mattia Bellucci(イタリア)らは、ウィーン大会やチャレンジャー大会に出場してポイント獲得を目指す。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP1000 モントリオール」でのメドベージェフ
(Photo by Jeff Chevrier/Icon Sportswire via Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 最終戦残る3枠はメドベージェフ、ルブレフ、オジェ アリアシムに? Next Gen出場選手も続々決定!