ニュース News

錦織、年内復帰を断念。新たに右足首を負傷

2021年「全仏オープン」での錦織

元世界ランキング4位の錦織圭(日本/ユニクロ)が、新たな怪我により年内復帰を断念したことがわかった。

今年1月に股関節の手術を受けてリハビリを進めていた錦織は、今月24日からラスベガスで行われるものなど3つのチャレンジャー大会に出場する予定だった。しかしマネジメント会社によれば、彼はアメリカ・フロリダ州での練習中に右足首を新たに痛めて3、4週間の休養が必要になったため、年内の復帰を諦めたという。

これにより欠場が決まった大会の一つ、「カルガリー・チャレンジャー」(カナダ・カルガリー/11月7日~11月13日/室内ハードコート)は、錦織からのメッセージを紹介。錦織は「カナダでの大会に出るのを楽しみにしていましたが、医師のアドバイスに従って大会出場を辞退し、治療に専念することにしました。新年には復帰し、将来カナダでまたプレーしたいと思います」と述べた。それを受けて大会ディレクターは「彼がツアーにまた戻ってこられることを楽しみにしている」とエールを送っている。

錦織は2021年10月の「ATP1000 インディアンウェルズ」以来プレーしておらず、今月17日に更新された世界ランキングでポイントを失ったことから2010年以来の圏外となっていた。怪我をしっかり治し、来シーズンに戻ってきてくれることを気長に待ちたい。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「全仏オープン」での錦織
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 錦織、年内復帰を断念。新たに右足首を負傷