ニュース News

テニスの審判席にハチの大群!試合開始が約1時間遅れる

2019年「全豪オープン」でのクビトバ

メキシコで開催中の「WTA1000 グアダラハラ」(メキシコ・グアダラハラ/10月17日~10月23日/ハードコート)で、審判席に大量のハチが群がっていた。除去するまでに約1時間、試合開始が遅れるという事態が発生。WTA(女子テニス協会)公式ウェブサイトなどが報じた。

グアダラハラ大会は、今月末から始まるシーズン最終戦「WTAファイナルズ フォートワース」(アメリカ・フォートワース/10月31日~11月7日/ハードコート)の前に行われる最後のツアー大会であり、優勝すれば1000ポイント獲得となるので、特に最終戦出場権を争っている選手たちには大きな意味を持つ大会だ。

だが月曜日に、「ウィンブルドン」で2度優勝しているペトラ・クビトバ(チェコ)が世界ランキング42位のベルナルダ・ペラ(アメリカ)との1回戦に臨もうとしていたところ、審判席にハチがぎっしりとかたまってとまっていた。当然、ハチを駆除するまで試合を始めることはできず、試合開始は1時間以上遅れた。

幸い誰かがハチに刺されたという被害は報告されていない。クビトバはペラにストレートで勝利したが、2回戦で元全米女王ビアンカ・アンドレスク(カナダ)に敗退し、最終戦出場の可能性もなくなった。

また同大会では世界125位の日比野菜緒(日本/ブラス)がラッキールーザーとして本戦出場を果たしていたが、残念ながら1回戦で世界28位のマルチナ・トレビザン(イタリア)に敗退。ダブルスに出場していた青山修子(日本/近藤乳業)/穂積絵莉(日本/日本住宅ローン)ペアは1回戦ではストレート勝利を収めたが、2回戦で第2シードのベロニカ・クデルメトワ(ロシア)/エリース・メルテンス(ベルギー)ペアに2-6、6-3、[6-10]のフルセットで敗れている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2019年「全豪オープン」でのクビトバ
(Photo by Jason Heidrich/Icon Sportswire via Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. テニスの審判席にハチの大群!試合開始が約1時間遅れる