ニュース News

出場枠は残り5つ!WTAファイナルズ出場を懸けた熾烈な争い

「全仏オープン」でのサカーリ

現在開催中の「WTA1000 グアダラハラ」(メキシコ・グアダラハラ/10月17日~10月23日/ハードコート)では、「WTAファイナルズ フォートワース」(アメリカ・フォートワース/10月31日~11月7日/ハードコート)出場を懸けた厳しい争いが繰り広げられている。参戦する可能性がある選手たちそれぞれの出場条件と現時点での状況をまとめてお伝えしよう。

全部で8つあるシングルスの出場枠をすでに埋めているのは、イガ・シフィオンテク(ポーランド)、オンス・ジャバー(チュニジア)、ジェシカ・ペグラ(アメリカ)の3人。残る5枠を10人以上の選手が争うことになる。

グアダラハラ大会開幕前の時点で出場圏内にいるのは、レースランキングで4位につけるココ・ガウフ(アメリカ)、5位のアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)、6位のカロリーヌ・ガルシア(フランス)、7位のダリア・カサキナ(ロシア)、そして9位のベロニカ・クデルメトワ(ロシア)。クデルメトワは、8位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が鼻の手術でシーズン終了となったことによる繰り上がりだ。そのうち、ガウフは第5シードとして臨むグアダラハラ大会の初戦で世界92位のエリザベッタ・コッチャレット(イタリア)に勝利すれば、即ファイナルズ出場確定となる。

そして出場圏外の残る12人は、ほかのライバルたちの戦績にもよるが、少なくともメキシコで一定の結果を出して、できるだけ多くのポイントを稼がなければならない。9位のクデルメトワを69ポイント差で追う10位のマリア・サカーリ(ギリシャ)は、第4シードとして出場するグアダラハラ大会で世界58位のマルタ・コスチュク(ウクライナ)を破るという最低条件を満たすことに成功。一方、出場圏内と200ポイント以上離れている3人、11位のパウラ・バドーサ(スペイン)、12位のベリンダ・ベンチッチ(スイス)、13位のマディソン・キーズ(アメリカ)がファイナルズ出場への望みをつなぐにはベスト4進出が必須となる。第1シードのバドーサは初戦となる2回戦で元世界女王のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)、第10シードのベンチッチは2回戦で元全米女王のスローン・スティーブンス(アメリカ)と、そろって厳しい相手が待ち受ける。そして第13シードのキーズは3回戦まで勝ち進んだ場合、ベスト8を懸けてライバルのバドーサと対戦することになるかもしれない。

下位に行くと条件はさらに厳しくなり、14位のダニエル・コリンズ(アメリカ)と17位のペトラ・クビトバ(チェコ)は決勝進出、そして残る6人、16位のベアトリス・アダッド マイア(ブラジル)、18位のエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)、19位のエレナ・オスタペンコ(ラトビア)、20位のバーボラ・クレイチコバ(チェコ)、21位のエレナ・リバキナ(カザフスタン)、22位のリュドミラ・サムソノワ(ロシア)は優勝しなければならない。そんな中、優勝が絶対条件だった3人、アダッド マイアとアレクサンドロワとクレイチコバ、そしてファイナリストにならなければならなかったクビトバが早くも脱落。第9シードのクレイチコバは世界73位のアンナ・カリンスカヤ(ロシア)に、第11シードのアダッド マイアは世界54位のカテリーナ・シニアコバ(チェコ)に、第15シードのアレクサンドロワは世界71位のカミラ・オソリオ(コロンビア)にそろって1回戦でストレート負け。第16シードのクビトバは2回戦で元全米女王のビアンカ・アンドレスク(カナダ)に逆転負けを喫している。

ファイナルズ出場を懸けた熾烈な争いで生き残るのは誰だろうか?

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全仏オープン」でのサカーリ
(Photo by Tnani Badreddine/Quality Sport Images/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 出場枠は残り5つ!WTAファイナルズ出場を懸けた熾烈な争い