ニュース News

シフィオンテクがシーズン8冠目でトップ独走!大坂は2つ順位を下げる

2018年「フェドカップ」での大坂

WTA(女子テニス協会)は17日、最新の世界ランキングを公表。大坂なおみ(日本/フリー)は先週から順位を2つ落として46位に位置している。

「WTA500 サンディエゴ」(アメリカ・サンディエゴ/10月10日~10月16日/ハードコート)の決勝では、第1シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)が予選通過者のドナ・ベキッチ(クロアチア)を6-3、3-6、6-0で下し、今季8度目の優勝を果たした。シーズンの勝利数を64勝まで伸ばしており、これはセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が2013年に78勝を挙げて以来の最多記録となる。今年4月に初めて世界女王の座に就いてからその地位を堅守し続けているだけでなく2位以下とのポイント差をさらに広げたシフィオンテクは、今後の目標について「完璧なプレーをすることではなく、完璧ではない時や快適にプレーできない時、直感でプレーできない時でも勝つこと」と述べている。

本戦でシード選手を2人含むトップ25の選手を4人連続で倒し、決勝ではシフィオンテクをフルセットまで追い込む活躍を見せた元世界19位のベキッチは、77位から47位へと大幅にランクアップし、約1年3ヶ月ぶりのトップ50へ返り咲いた。ベスト4には第4シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ)とノーシードのダニエル・コリンズ(アメリカ)という地元勢が名を連ね、前者は1つ順位を上げてキャリアハイの5位に復帰し、後者は3アップで16位となった。

第2シードのパウラ・バドーサ(スペイン)はベスト8で敗れた上、昨年の「WTA1000 インディアンウェルズ」で優勝した際のポイントを失ったことで、4位から8位へとランクダウン。その影響で前週5位から8位につけていた選手たちが1つずつ順位を上げる中、サンディエゴでシフィオンテクに敗れてベスト8に終わったガウフがキャリアハイを更新(7位)している。また、先日20歳になったジャン・チンウェン(中国)が予選から本戦2回戦まで勝ち上がったことで、順位を1つ伸ばして27位とキャリアハイを更新した。

「WTA250 クルージュナポカ」(ルーマニア・クルージュナポカ/10月10日~10月16日/ハードコート)では、24歳のアンナ・ブリンコワ(ロシア)が予選2試合と本戦1回戦をストレートで、以後はすべてフルセットの末に勝利し、初めてツアータイトルを手にした。今季シングルスで予選通過者がタイトルを獲得するのは、タチアナ・マリア(ドイツ)、アナスタシア・ポタポワ(ロシア)、ベルナルダ・ペラ(アメリカ)、カロリーヌ・ガルシア(フランス)に次いで5人目。59ランクアップで79位となったブリンコワは、「全試合タフだったけど、課題を乗り越え、メンタル面でも強くそして安定していられたことをとても嬉しく思う」と喜びを語った。

決勝でブリンコワに2-6、6-3、2-6で敗れたノーシードのジャスミン・パオリーニ(イタリア)は、順位を11上げて67位に。ベスト4の二人はそろってキャリアハイを更新。第4シードのポタポワは約3ヶ月ぶりの準決勝進出で4つ順位を伸ばして44位、第7シードのワン・シユ(中国)は59位から51位へと浮上した。日本人では土居美咲(日本/ミキハウス)が予選1回戦で逆転負けを喫し、109位から120位へと後退している。

そのほかの日本人では、チュニジアのITF大会で2回戦進出を果たした内島萌夏(日本/フリー)が、順位を2つ上げて111位とキャリアハイを更新。土居が順位を落としたこともあり、内島が大坂に次いで日本の2番手に躍り出た。「WTA1000 グアダラハラ」(メキシコ・グアダラハラ/10月17日~10月23日/ハードコート)の予選2回戦で敗退した日比野菜緒(日本/ブラス)は、7ランクダウンの148位。

ダブルスでは、昨年のインディアンウェルズ大会でペアを組みベスト4入りを果たした柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)と青山修子(日本/近藤乳業)がポイントを失効し、柴原は8つ順位を落として21位、青山は5ダウンの23位となり、両者ともに昨年1月以来のトップ20圏外に。

◇   ◇   ◇

【10月17日付最新WTAランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント

1. ← (1) イガ・シフィオンテク(ポーランド) 10,835
2. ← (2) オンス・ジャバー(チュニジア) 4,555
3. ← (3) アネット・コンタベイト(エストニア) 3,796
4. ↑ (5) アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ) 3,515
5. ↑ (6) ジェシカ・ペグラ(アメリカ) 3,417
6. ↑ (7) マリア・サカーリ(ギリシャ) 3,346
7. ↑ (8) ココ・ガウフ(アメリカ) 3,082
8. ↓ (4) パウラ・バドーサ(スペイン) 3,010
9. ← (9) シモナ・ハレプ(ルーマニア) 2,960
10. ← (10) カロリーヌ・ガルシア(フランス) 2,924
11. ← (11) ダリア・カサキナ(ロシア) 2,885
12. ← (12) ベロニカ・クデルメトワ(ロシア) 2,606
13. ← (13) ガルビネ・ムグルッサ(スペイン) 2,397
14. ↑ (15) ベリンダ・ベンチッチ(スイス) 2,360
15. ↑ (18) マディソン・キーズ(アメリカ) 2,313
16. ↑ (19) ダニエル・コリンズ(アメリカ) 2,297
17. ↓ (14) バーボラ・クレイチコバ(チェコ) 2,252
18. ↓ (16) ベアトリス・アダッド マイア(ブラジル) 2,215
19. ↑ (20) エカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア) 2,160
20. ↑ (22) カロリーナ・プリスコバ(チェコ) 2,051
------------------------

27. ↑ (28) ジャン・チンウェン(中国) 1,642

44. ↑ (48) アナスタシア・ポタポワ(ロシア) 1,138

46. ↓ (44) 大坂なおみ(日本/フリー) 1,122

47. ↑ (77) ドナ・ベキッチ(クロアチア) 1,094

51. ↑ (59) ワン・シユ(中国) 1,053

67. ↑ (78) ジャスミン・パオリーニ(イタリア) 867

79. ↑ (138) アンナ・ブリンコワ(ロシア) 750

111. ↑ (113) 内島萌夏(日本/フリー) 569

120. ↓ (109) 土居美咲(日本/ミキハウス) 552

148. ↓ (141) 日比野菜緒(日本/ブラス) 422

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2018年「フェドカップ」での大坂
(Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. シフィオンテクがシーズン8冠目でトップ独走!大坂は2つ順位を下げる