ニュース News

元世界2位ラドバンスカ、父の厳しい指導を受けた現役生活の辛い思い出を明かす

チャリティーマッチでのシフィオンテクとスビトリーナ、ラドバンスカ(左より)

アグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)は、自身のテニスキャリアについて語られることのなかった物語を話し、その中で元コーチでもある父との張り詰めた関係を明かした。ラドバンスカと妹のユルスラ・ラドバンスカ(ポーランド)は、長年にわたって父のロバート氏をコーチとしていた。

ロバート氏は17年間ラドバンスカのコーチを務めたが、それには彼女がプロになってからの長い期間も含まれていた。元世界ランキング2位のラドバンスカは、人生とキャリアのそうした側面について振り返り、父はコーチとして厳しく極端な戦術や方法を取ることがよくあったと明かした。スポーツウェブメディアSportskeedaが報じた。

史上最高のポーランド人選手の一人と考えられているラドバンスカは、父が決めた習慣や練習に従順に従うことを常に期待されていたという。インタビューの中でラドバンスカは、彼女に対する「残酷な管理体制」について語った。

「父と練習していた15年間、“今どんな気持ち?”と聞かれたことは一度もなかった。全ては完璧に計画されていたけれど、父は私がどう考えているかも、私が状況をどう見ているかも聞くことはなかった。父は全てを前もって押し付けた」と過去を回想しながらラドバンスカは語った。

「私は絶えず自分の感情を抑え込んでいて、そうしたらそれ以外できなくなった。私たちの関係はしばらくの間、試合と父との争いの様相だった。負けると父はたいてい2日間も黙っていた。私たちは何も言わず…残酷な管理体制だった」

ラドバンスカ自身は、失敗やスランプに伴う困難を恐れてはいなかったし、プロスポーツ選手であること全般に対しても恐れはなかった。彼女が心配していたのは、試合で負けた時の父の反応だった。父の態度が原因で、ラドバンスカは成長するにつれて二人の間にはどんどん不和が生じ、最終的に二人の職業上の関係が終わったと話す。

「10代の頃は失敗自体を怖いとは思わなかった、起きたことを理解できたから。でも自分がつまずいた時に父がどんな反応をするかを考えると怖かった。彼の語彙には失敗という言葉はなかった。彼は信じられないほど怒った。時が経つにつれて、私はどんどん彼の言うことを聞かなくなって、ついには避けるようにまでなった。それで、仕事の上では離れることになったの」

2011年に、ラドバンスカは父から離れて別のコーチについた。ラドバンスカは、自分と妹のユルスラにとってロバートは父であるよりもコーチであったことを残念がった。

「毎週の口論とストレス…私は喧嘩好きではなかった。普通の空気を望んでいたけど、それは存在しなかった。父は私たちにとって全然父親ではなくて、コーチだったの」

ある時期、ラドバンスカは燃え尽きて、世界ランキングで400位以下になってもどうだっていいと父に言ったことさえある。しかし彼女に必要だったのは、絶えず続くプレッシャーからの解放であった。

「私と妹は、修道院にいるように暮らしていた。大事なのはテニスだけだった。激しいけんかの後で父が電話をかけてきた時、私はこう言った。“世界10位でいるよりも400位になったほうがましよ。だからもうほっといて”って。ある時期、私は普通に生活することができなくなっていた。常に父に責められていたから」

テニスとめぐり会わせてくれたことを、ラドバンスカは今も父に感謝している。テニスは人生における多くの成功をもたらしてくれた。しかしラドバンスカが父との関係によってもたらされた緊張とストレスを乗り越え和解するには、何年もかかった。

ラドバンスカは過去から学び、自分の子どもに対して父の失敗を繰り返すことはない。

「父には感謝しているわ。だってもし彼がいなかったら、私たちが成功を収めることはなかったでしょうから。その一方で、嫌な記憶を頭から消すことはできない。それには何年もかかった。母となった今、私はそんなふうに子どもを育てることはできない」

そう話した上で、ラドバンスカは父が今は過去の埋め合わせをしていることを嬉しく思っており、現在の状況を受け入れている。二人のバランスはずいぶんと良くなったとラドバンスカは言う。

「以前よりずっといいわ。父は父親として失った年月の埋め合わせをしている。彼には二人の娘がいて、今は孫娘もいるから、二重の喜びを感じているわ。彼は今でも全てを決めたがるけれど、その扉は大昔に閉ざされたということを彼はわかっているわ」とラドバンスカは笑いながら語り、この話題を締めくくった。

世界中のファンに愛されたラドバンスカは2012年にキャリアハイの世界2位に到達し、通算20回の優勝を果たして、2018年に29歳で現役を引退した。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真はチャリティーマッチでのラドバンスカ(右端)とイガ・シフィオンテク(左端)、エリナ・スビトリーナ(中央)
(Photo by Krzysztof Porebski/PressFocus/MB Media/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 元世界2位ラドバンスカ、父の厳しい指導を受けた現役生活の辛い思い出を明かす