ニュース News

楽天OP優勝のフリッツがトップ10入り!錦織は9ランクダウン

2021年「東京オリンピック」での錦織

ATP(男子プロテニス協会)は10日、最新の世界ランキングを公表。リハビリからの復帰が遅れている錦織圭(日本/ユニクロ)は、先週から順位を9つ下げ759位としている。

3年ぶりに開催された「楽天ジャパンオープン」(日本・東京/10月3日~10月9日/ハードコート)では、第3シードのテイラー・フリッツ(アメリカ)が決勝で同胞の第4シード、フランシス・ティアフォー(アメリカ)を7-6(3)、7-6(2)のストレートで下し、今季3冠目を手にした。フリッツは順位を11位からキャリアハイ更新となる8位へと上げて、今年3月の「ATP1000 インディアンウェルズ」で優勝した際に掲げていた世界のトップ10という目標を達成した。これについて本人は「トップ10に入りたいと長い間望み努力してきたから、ついにそこまでたどり着けて嬉しい」と喜びを述べている。準優勝のティアフォーは、2ランクアップの17位で、こちらもキャリアハイを更新した。

日本人では9人が本戦に出場する中、2回戦まで駒を進めたのはラッキールーザーの守屋宏紀(日本/安藤証券)と予選通過者の野口莉央(日本/明治安田生命)。今季ツアー本戦で初めて勝利を挙げた31歳の守屋は253位から213位へと順位を伸ばした。一方、今大会でツアー本戦デビューを果たし初勝利も掴んだ23歳の野口は、62アップの229位でキャリアハイを更新。逆転負けで惜しくも初戦で姿を消した日本ナンバー1の西岡良仁(日本/ミキハウス)は、先週から順位変わらず41位をキープしている。

そのほか初戦敗退のダニエル太郎(日本/エイブル)は、1つ順位を落として96位に。ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した3人、内田海智(日本/富士薬品)は8ダウンの163位、内山靖崇(日本/積水化学工業)は314位から319位へダウン、望月慎太郎(日本/IMG Academy)は6つ順位を下げて407位に位置している。対して予選を突破した島袋将(日本/有沢製作所)と清水悠太(日本/三菱電機)の順位は上がり、前者は353位からキャリアハイ更新の330位、後者は47ランクアップで404位となった。

「ATP500 アスタナ」(カザフスタン・アスタナ/10月3日~10月9日/室内ハードコート)では、第4シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が決勝までの5試合で1セットしか落とさずに今季4度目の優勝を果たした。前週の「ATP250 テルアビブ」に続いて2大会連続、キャリア通算では90回目のタイトル獲得となったジョコビッチは、「この年齢でこれほど良いプレーができるのは、本当に恵まれていると思うし、ありがたい気持ち。35歳は25歳と同じではないからね。でもこういう試合や大事な場面での経験があることは、メンタル面で役立つと思う。ここ数週間のように良い形でシーズンを終えられるよう、とても気合が入っているしモチベーションも上がっているよ」とコメント。順位は変わらず7位だが、年末ランキングを20位以内で終えることを確定させたことで、シーズン最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イタリア・トリノ/11月13日~11月20日/室内ハードコート)への出場権を獲得した。

決勝でジョコビッチに3-6、4-6で敗れた第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)だが、順位は1つ上がり8月以来にトップ5(5位)へと返り咲いた。第2シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)と第5シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)というロシア勢は共にベスト4入り。両者とも順位をキープしており、メドベージェフは4位、ルブレフは9位に位置している。前回チャンピオンのクォン・スンウ(韓国)は今大会ではなく、「楽天ジャパンオープン」に出場し準決勝進出。順位は34アップで86位としている。

◇   ◇   ◇

【10月10日付最新ATPランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント

1. ← (1) カルロス・アルカラス(スペイン) 6,740
2. ← (2) ラファエル・ナダル(スペイン) 5,810
3. ← (3) キャスパー・ルード(ノルウェー) 5,645
4. ← (4) ダニール・メドベージェフ(ロシア) 5,245
5. ↑ (6) ステファノス・チチパス(ギリシャ) 5,065
6. ↓ (5) アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 5,040
7. ← (7) ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 4,320
8. ↑ (11) テイラー・フリッツ(アメリカ) 3,510
9. ← (9) アンドレイ・ルブレフ(ロシア) 3,480
10. ↓ (8) キャメロン・ノリー(イギリス) 3,445
11. ↓ (10) フベルト・フルカチュ(ポーランド) 3,265
12. ← (12) ヤニク・シナー(イタリア) 3,040
13. ← (13) フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ) 2,950
14. ← (14) マリン・チリッチ(クロアチア) 2,540
15. ← (15) パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン) 2,360
16. ← (16) マッテオ・ベレッティーニ(イタリア) 2,360
17. ↑ (19) フランシス・ティアフォー(アメリカ) 2,240
18. ↓ (17) ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン) 2,110
19. ↓ (18) カレン・ハチャノフ(ロシア) 2,035
20. ↑ (22) デニス・シャポバロフ(カナダ) 1,925
------------------------

41. ← (41) 西岡良仁(日本/ミキハウス) 1,077

86. ↑ (120) クォン・スンウ(韓国) 621

96. ↓ (95) ダニエル太郎(日本/エイブル) 578

163. ↓ (155) 内田海智(日本/富士薬品) 348

213. ↑ (253) 守屋宏紀(日本/安藤証券) 248

229. ↑ (291) 野口莉央(日本/明治安田生命) 231

319. ↓ (314) 内山靖崇(日本/積水化学工業) 158

330. ↑ (353) 島袋将(日本/有沢製作所) 149

404. ↑ (451) 清水悠太(日本/三菱電機) 108

407. ↓ (401) 望月慎太郎(日本/IMG Academy) 106

759. ↓ (750) 錦織圭(日本/ユニクロ) 25

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「東京オリンピック」での錦織
(Photo by David Ramos/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 楽天OP優勝のフリッツがトップ10入り!錦織は9ランクダウン