ニュース News

元世界19位チョン、2年ぶりにツアー復帰「感謝の気持ちでいっぱい」

2019年「全米オープン」でのチョン

元世界ランキング19位のチョン・ヒョン(韓国)が「ATP250 ソウル」(韓国・ソウル/9月26日~10月2日/ハードコート)で2年ぶりにツアーに復帰し、男子ダブルスで勝利を挙げた。米テニスメディア Tennis.comなど複数のメディアが報じている。

チョンは2017年の「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」で、ダニール・メドベージェフ(ロシア)やデニス・シャポバロフ(カナダ)、アンドレイ・ルブレフ(ロシア)といった今やツアーのトップ選手として活躍するライバルたちを退けて優勝を飾った。最も勢いのある若手選手の一人と評されたチョンは、翌2018年には「全豪オープン」でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)やノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破って準決勝進出を果たしている。続く「ATP1000 インディアンウェルズ」と「ATP1000 マイアミ」でも準々決勝にまで勝ち進み、世界19位に浮上した。

ところが、「ATP1000 マイアミ」後まもなくチョンは度重なる怪我に苦しめられるように。アキレス腱を負傷して2018年の「全仏オープン」や「ウィンブルドン」を逃し、翌年の2019年は背中の怪我によって5ヶ月以上ツアーから離脱することに。その結果、またしても「全仏オープン」と「ウィンブルドン」に出場することができず、世界170位までランキングが後退していた「全米オープン」は予選からの出場となり、本戦3回戦で敗れた。長引く背中の怪我が原因で、パンデミックにより9月下旬から始まった2020年の「全仏オープン」予選を最後に、チョンはツアーから2年以上離れることになった。

そんなチョンがようやくツアーに戻ってきた。世界121位のクォン・スンウ(韓国)と組んで「ATP250 ソウル」のダブルスにワイルドカード(主催者推薦枠)として出場しているチョンは、1回戦でダブルス世界92位のハンス・ハック ベルドゥーゴ(メキシコ)と同103位のトリート・ヒューイ(フィリピン)のペアに2-6、6-2、[10-8]の逆転勝利を収めて地元のファンを沸かせた。

復帰に先立ち、チョンはATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトにこう話していた。「またテニスができてとても幸せだよ。まずは怪我をしないことが目標だ。2年ぶりの大会だから焦らず、無理をしないようにしたい。今は喜びや緊張が混ざった複雑な気持ちだけど、特に地元のソウルで復帰できてすごく嬉しい」

また、チョンは「ATP250 ソウル」で行われた記者会見で復帰への道のりについて語っている。「チームと相談した上で何度か復帰を試みたんだけど、その度に背中の怪我が再発してリハビリに戻るというパターンを繰り返していた。でも今はコートでプレーしていても痛みは少なくて、ここ韓国でプレーできるまでに回復していると感じたんだ。僕は落ち着いている方だと思っていて、リハビリはプロのアスリートには付き物だと考えている。だから、リハビリの過程でより強い人間になりたいと思っていた」

「一番の学びは、自分の身体を理解することと回復の仕方だ。それまでは試合後のトレーニングやケアにあまり積極的に取り組んでいなかったけど、リハビリの中で自分の身体のケアの仕方や回復の仕方を学ぼうとした。前まではテニスができることが当たり前だと思っていたけど、今はコートに足を踏み入れられるだけで感謝の気持ちでいっぱいだよ。この2ヶ月は一生懸命練習してきた。あまりにも楽しくて、食事も睡眠もコートの上でとりたいと思ったくらいだ」

「ATP250 ソウル」ではダブルスのみにエントリーしているチョン。シングルスでの復帰に向けては、今後韓国で開催されるチャレンジャー大会に2つ出場する予定だと話している。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2019年「全米オープン」でのチョン
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 元世界19位チョン、2年ぶりにツアー復帰「感謝の気持ちでいっぱい」