ニュース News

ナカシマがツアー初優勝でキャリアハイの48位に!錦織は2ランクダウン

2021年「ATP500 ワシントンD.C.」での錦織

ATP(男子プロテニス協会)は26日、最新の世界ランキングを公表。リハビリからの復帰が遅れている錦織圭(日本/ユニクロ)は、先週から順位を2つ下げ748位としている。

「ATP250 サンディエゴ」(アメリカ・サンディエゴ/9月19日~9月25日/ハードコート)の決勝では、第5シードのブランドン・ナカシマ(アメリカ)が第3シードのマルコス・ギロン(アメリカ)との同国対決を6-4、6-4で制してツアー初優勝を果たした。それまで2度決勝に進出していたが、タイトルを掴むまでには至っていなかった21歳のナカシマは、「夢のようだ。地元で初タイトルを獲得できるなんて信じられないよ。会場は最高の雰囲気で、観に来てサポートしてくれた人たちに感謝を伝えたい」と語った。順位は21アップでキャリアハイ更新となる48位に。また、21歳以下の選手を対象としたシーズン最終戦「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」(イタリア・ミラノ/11月8日~11月12日/室内ハードコート)への出場をかけた「レース・トゥ・ミラノ」では、6位に位置している。

今回がツアー初の決勝進出だったギロンは、5ランクアップの53位。ベスト4には第1シードのダニエル・エバンズ(イギリス)とノーシードのクリストファー・オコネル(オーストラリア)が名を連ね、前者は先週から順位に変動なく25位のままで、後者は130位から105位へと上昇した。

前回覇者のキャスパー・ルード(ノルウェー)は、「レーバー・カップ」(イギリス・ロンドン/9月23日~9月25日/室内ハードコート)に出場していたためこちらは不参加に。今年のサンディエゴ大会は昨年より1週間早く開催されたため、今週はルードのポイントや順位に変動はなく2位をキープ。日本人では、ダニエル太郎(日本/エイブル)が2回戦まで進出し、3つ順位を上げて92位としている。

「ATP250 メス」(フランス・メス/9月19日~9月25日/室内ハードコート)では、ノーシードのロレンツォ・ソネゴ(イタリア)が5試合すべてストレート勝ちでシーズン初タイトルを手にした。これまでグラスコートとクレーコートで1度ずつ優勝していたが、ハードコートでは今回が初となる。ソネゴは「毎試合、自分のテニスを向上させたんだ。今大会に満足しているよ。ここの雰囲気が大好きで、週を通して信じられないほどだった」と喜びを述べている。順位は65位から45位へ浮上した。

決勝でソネゴに6-7(3)、2-6で敗れた第7シードのアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)は、今季2度目の準優勝に。順位は3つ上がって41位となった。ディフェンディングチャンピオンで第2シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド)は、準決勝でソネゴにストレート負けを喫しタイトル防衛とはならず。順位は10位から11位へとダウン。もう一人のベスト4は、予選を勝ち抜き本戦入りした元世界3位のスタン・ワウリンカ(スイス)で、第1シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)らを下した。最後は準決勝で棄権し約3年ぶりの決勝進出とはならなかったものの、順位は284位から193位へと大幅に上がり、約7ヶ月ぶりにトップ200へ返り咲いた。

プロテクトランキングを使って出場したドミニク・ティーム(オーストリア)、ワイルドカード(主催者推薦枠)で参戦したジル・シモン(フランス)は両者ともに2回戦まで進出。ティームは9ランクアップの173位、今季限りで引退するシモンは175位から168位へと順位を伸ばした。

そのほかの日本人では、先週大会に出場していない西岡良仁(日本/ミキハウス)が3ランクダウンの56位。内田海智(日本/富士薬品)は昨年のチャレンジャー大会で得たポイントを失った影響で、2つ順位を落として163位としている。

◇   ◇   ◇

【9月26日付最新ATPランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント

1. ← (1) カルロス・アルカラス(スペイン) 6,740
2. ← (2) キャスパー・ルード(ノルウェー) 5,850
3. ← (3) ラファエル・ナダル(スペイン) 5,810
4. ← (4) ダニール・メドベージェフ(ロシア) 5,065
5. ← (5) アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 5,040
6. ← (6) ステファノス・チチパス(ギリシャ) 4,810
7. ← (7) ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 3,570
8. ← (8) キャメロン・ノリー(イギリス) 3,550
9. ← (9) アンドレイ・ルブレフ(ロシア) 3,390
10. ↑ (11) ヤニク・シナー(イタリア) 3,200
11. ↓ (10) フベルト・フルカチュ(ポーランド) 3,195
12. ← (12) テイラー・フリッツ(アメリカ) 3,055
13. ← (13) フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ) 2,950
14. ← (14) パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン) 2,360
15. ← (15) マッテオ・ベレッティーニ(イタリア) 2,360
16. ← (16) マリン・チリッチ(クロアチア) 2,345
17. ← (17) ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン) 2,110
18. ← (18) カレン・ハチャノフ(ロシア) 1,990
19. ← (19) フランシス・ティアフォー(アメリカ) 1,940
20. ← (20) ニック・キリオス(オーストラリア) 1,780
------------------------

25. ← (25) ダニエル・エバンズ(イギリス) 1,490

41. ↑ (44) アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン) 1,045

45. ↑ (65) ロレンツォ・ソネゴ(イタリア) 985

48. ↑ (69) ブランドン・ナカシマ(アメリカ) 974

53. ↑ (58) マルコス・ギロン(アメリカ) 896

56. ↓ (53) 西岡良仁(日本/ミキハウス) 827

92. ↑ (95) ダニエル太郎(日本/エイブル) 569

105. ↑ (130) クリストファー・オコネル(オーストラリア) 504

163. ↓ (161) 内田海智(日本/富士薬品) 328

168. ↑ (175) ジル・シモン(フランス) 322

173. ↑ (182) ドミニク・ティーム(オーストリア) 316

193. ↑ (284) スタン・ワウリンカ(スイス) 277

748. ↓ (746) 錦織圭(日本/ユニクロ) 25

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「ATP500 ワシントンD.C.」での錦織
(Photo by Mitchell Layton/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ナカシマがツアー初優勝でキャリアハイの48位に!錦織は2ランクダウン