ニュース News

3連勝のチーム・ワールドが初優勝!「選手たちに感謝」[レーバー・カップ]

「レーバー・カップ」で初優勝を果たしたチーム・ワールド

ロジャー・フェデラー(スイス)の引退やビッグ4の集結で大いに注目を集めた今年の「レーバー・カップ」(イギリス・ロンドン/9月23日~9月25日/室内ハードコート)。最終日はチーム・ワールド(世界選抜)が3連勝を収めて、初開催から5大会目にして悲願の初優勝を果たした。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトなど複数のメディアが報じている。

本大会はポイント制で争われ、毎日シングルス3試合とダブルス1試合を行う。初日は1勝につき1ポイント、2日目は2ポイント、3日目には3ポイントを得る形で、先に13ポイントに到達したチームが優勝となる。2017年に「レーバー・カップ」が始まって以来優勝を続けてきたチーム・ヨーロッパ(欧州選抜)が8ポイント、初優勝を目指すチーム・ワールドが4ポイントで最終日を迎えた。

最初の試合はダブルスで、マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)/アンディ・マレー(イギリス)ペアとフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)/ジャック・ソック(アメリカ)ペアが激突。幸先の良いスタートを切ったのはベレッティーニとマレーのペアで、相手に1度もブレークチャンスを与えない試合内容でセットを先取。一方、初優勝のために負けは許されないチーム・ワールドは、第2セット立ち上がりに3ゲームの連取に成功。その後もブレークチャンスをしのいでリードを守り切り、セットカウントを1-1にする。10ポイントのマッチタイブレークではお互いにポイントを奪い合う接戦となったが、最終的にオジェ アリアシム/ソック組が10-8で制した。

第2試合では、2日目にシングルスとダブルスの両方で勝利を挙げたノバク・ジョコビッチ(セルビア)が登場。対するはダブルスを終えたばかりのオジェ アリアシム。この試合でエースを13本放つなどサーブの調子が良かったオジェ アリアシムに対し、ジョコビッチはエース3本、そして4度のダブルフォールトを犯すなどリズムに乗れず、3-6、6-7(3)で敗戦。これにより両チームのポイントが10-8となり、チーム・ワールドが逆転に成功する。

あと1勝で優勝となったチーム・ワールドは、第3試合にフランシス・ティアフォー(アメリカ)を送り出す。チーム・ヨーロッパからは初日にシングルスでストレート勝ちを収めたステファノス・チチパス(ギリシャ)が出場。先手を打ったのはチチパスで、わずか21分で第1セットを先取した。しかし第2セットは互いに1度もブレークチャンスを掴めないままタイブレークに突入。ここでチチパスが4度のマッチポイントを決め切れずにいると、ティアフォーが13-11でセットを奪い返した。勢いに乗るティアフォーは続く10ポイントのマッチタイブレークも優位に進め、最初のマッチポイントはしのがれるも2度目を仕留め、1-6、7-6(11)、[10-8]で勝利。この結果、チーム・ワールドが先に13ポイントに到達し、悲願の初タイトルを掴んだ。

チーム・ワールドのキャプテンを務めるジョン・マッケンロー(アメリカ)は試合後、次のように喜びを語った。「すぐにパーティを始めたいからあまり話したくないけど、選手たちに感謝するよ。彼らはチームにエネルギー、信念、強度をもたらしたんだ。そして私の弟で右腕でもあるパトリック・マッケンロー(アメリカ)にも感謝したい」

優勝を決定づけたティアフォーは「この素晴らしい大会に参加させてくれたロジャーに感謝。また彼がテニスのためにしてくれたことにもお礼を言いたい。彼は一流の選手なんだ。彼と知り合えて、友人、そして同僚と呼べることが幸せ。第二の人生での成功を祈っているよ」と述べた。

<初日の結果>(左の選手が欧州選抜、右が世界選抜)
〇キャスパー・ルード(ノルウェー) 6-4、5-7、[10-7] ●ジャック・ソック(アメリカ)
〇ステファノス・チチパス(ギリシャ) 6-2、6-1 ●ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)
●アンディ・マレー(イギリス) 7-5、3-6、[7-10] 〇アレックス・デミノー(オーストラリア)
●ロジャー・フェデラー(スイス)/ラファエル・ナダル(スペイン) 6-4、6-7(2)、[9-11] 〇ソック/フランシス・ティアフォー(アメリカ)
チームポイント 欧州選抜2:世界選抜2

<2日目の結果>(左の選手が欧州選抜、右が世界選抜)
〇マッテオ・ベレッティーニ(イタリア) 7-6(11)、4-6、[10-7] ●フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)
●キャメロン・ノリー(イギリス) 1-6、6-4、[8-10] 〇テイラー・フリッツ(アメリカ)
〇ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 6-1、6-3 ●フランシス・ティアフォー(アメリカ)
〇ベレッティーニ/ジョコビッチ 7-5、6-2 ●デミノー/ソック
チームポイント 欧州選抜8:世界選抜4

<最終目の対戦予定>(左の選手が欧州選抜、右が世界選抜)
●ベレッティーニ/マレー 6-2、3-6、[8-10] 〇オジェ アリアシム/ソック
●ジョコビッチ 3-6、6-7(3) 〇オジェ アリアシム
●チチパス 6-1、6-7(11)、[8-10] 〇ティアフォー
チームポイント 欧州選抜8:世界選抜13

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「レーバー・カップ」で初優勝を果たしたチーム・ワールド
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images for Laver Cup)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 3連勝のチーム・ワールドが初優勝!「選手たちに感謝」[レーバー・カップ]