ニュース News

【速報】世界30位サムソノワがシーズン3冠目。19歳ジャンをストレートで下す[東レPPO]

「東レ パン・パシフィック・オープン」でのサムソノワ

25日、3年ぶりに開催される「東レ パン・パシフィック・オープン」(日本・東京/9月19日~9月25日/ハードコート)のシングルス決勝で、世界ランキング30位のリュドミラ・サムソノワ(ロシア)と世界36位のジャン・チンウェン(中国)が対戦。サムソノワが7-5、7-5で勝利し、シーズン3度目の優勝を決めた。試合時間は2時間6分。

19歳のジャンはこれがツアーレベルで初の決勝。一方、8月に「WTA250 ワシントンD.C.」と「WTA250 クリーブランド」で連続優勝を果たした23歳のサムソノワはここ2ヶ月で3度目の決勝進出。二人は昨年7月の「WTA250 パレルモ」1回戦で対戦しており、その時は予選勝者で世界171位だったジャンが第2シードのサムソノワを6-3、6-2で下していたが、この再戦を前にジャンは「前の試合とはまったく別の試合になるだろう」と警戒していた。

ジャンは第1セット第1ゲーム、0-30からサービスエースなどで4ポイントを連取しサービスキープ。対するサムソノワは続く第2ゲームで15-40というピンチを迎えるが、こちらもここからポイントを連取して1-1に。以降は互いにチャンスのないまま第11ゲームを迎えると、ジャンのダブルフォールトでサムソノワにこの日最初のチャンス到来。続くポイントでフォアハンドを決め、6-5とする。サムソノワが続くサービング・フォー・ザ・セットを取り、セットを先取する。

サムソノワは第2セットでも先にブレーク。第5ゲームで3度チャンスを掴むと、相手のショットがアウトになり3-2とする。しかし直後に0-40のピンチを迎え、最後はショットがネットにかかり3-3と追いつかれた。サムソノワは第9ゲームで得た2つのブレークポイントは逃してしまう。第11ゲーム、ジャンはサムソノワのリターンがアウトではないかとチャレンジするも失敗し0-30に。一旦はデュースとするが、ここからブレークを許して5-6となる。サムソノワが続くサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップをラブゲームで取り、初出場でシーズン3冠目、通算4つ目のタイトルを手にしている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」でのサムソノワ
(Photo by WOWOWテニスワールド)

【テニス界の英雄 ロジャー・フェデラー 引退】
WOWOWオンデマンドではフェデラーの名勝負選を配信中!
視聴はこちらから>>

【東レ パン・パシフィック・オープン】
WOWOWテニスワールドで練習コートを連日無料配信!
視聴はこちらから>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 【速報】世界30位サムソノワがシーズン3冠目。19歳ジャンをストレートで下す[東レPPO]