ニュース News

ついに決勝!19歳の新星ジャンが好調の23歳サムソノワに挑む[東レPPO]

「東レ パン・パシフィック・オープン」でのサムソノワ

「東レ パン・パシフィック・オープン」(日本・東京/9月19日~9月25日/ハードコート)もついに最終日。シングルス、ダブルス共に優勝トロフィーをかけて決勝が行われる。

センターコートで正午に開始予定の第1試合では、19歳の新星ジャン・チンウェン(中国)がツアー初優勝をかけて世界30位のリュドミラ・サムソノワ(ロシア)に挑む。ジャンの今季初めの世界ランキングは126位、そこから順調に順位を上げて現在の36位はキャリアハイである。ツアーレベルでの優勝はまだないが、今年は1月の「WTA250 メルボルン1」でベスト4に進出すると、1月末のアメリカでのITF大会と6月の「WTA125 バレンシア」で優勝。「全豪オープン」で初めてグランドスラム本戦出場を果たし1回戦を突破すると、「全仏オープン」では4回戦、「ウィンブルドン」と「全米オープン」で3回戦進出と結果を残した。今大会では第1シードのパウラ・バドーサ(スペイン)をストレートで、第4シードのベロニカ・クデルメトワ(ロシア)をフルセットで下して、初めての決勝進出。ジャンは自らの躍進について「ここまで来られるレベルであることはわかってた。ただそれをコート上で示さなければならなかっただけ。でもまだまだ改善すべき点もある」と語っている。

一方、23歳のサムソノワは第8シードの「ウィンブルドン」女王エレナ・リバキナ(カザフスタン)戦、第3シードの元世界女王ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)戦を含む4試合すべてストレートで勝ち進んできた。8月に入ってから絶好調で、「全米オープン」3回戦まで13連勝、「WTA250 ワシントン」と「WTA250 クリーブランド」で連続優勝。サムソノワは決勝で3勝0敗と、まだ負けたことがない。決勝進出が決まって、サムソノワは「この2ヶ月で3度目の決勝に進めてとても嬉しい。こんなことができるなんて思ったこともなかったから、信じられないぐらい嬉しいわ」と喜びを語った。二人は昨年7月の「WTA250 パレルモ」1回戦で対戦しており、その時は予選勝者だったジャンが第2シードのサムソノワをストレートで下している。

第2試合ではダブルス第2シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/ジュリアナ・オルモス(メキシコ)ペアが、第4シードのニコール・メリカ マルチネス(アメリカ)/エレン・ペレス(オーストラリア)ペアと優勝トロフィーをかけて戦う。年末の最終戦「WTAファイナルズ」出場に向けてのレースで現在2位につけているダブロウスキー/オルモス組は、ここまで3試合すべてストレート勝利。今季は5月に「WTA1000 マドリード」で優勝、続く「WTA1000 ローマ」で準優勝している。

対するメリカ マルチネスとペレスのペアはストレート勝ちは1試合のみで、初戦の青山修子(日本/近藤乳業)/チャン・ハオチン(台湾)ペア戦と、第1シードのクデルメトワ/エリース・メルテンス(ベルギー)ペアとの準決勝で、マッチタイブレークにもつれ込んでいる。メリカ マルチネス/ペレス組は最終戦出場権レースで現在8位。8月の「WTA1000 トロント」から3大会連続で決勝に進出し、3つ目の「WTA250 クリーブランド」で優勝。トロント大会では準決勝でダブロウスキー/オルモス組にストレートで勝利している。「全米オープン」ではベスト4に進出と、こちらも勢いのあるチームだ。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」でのサムソノワ
(Photo by WOWOWテニスワールド)

【テニス界の英雄 ロジャー・フェデラー 引退】
WOWOWオンデマンドではフェデラーの名勝負選を配信中!
視聴はこちらから>>  

【東レ パン・パシフィック・オープン】
WOWOWテニスワールドで練習コートを連日無料配信!
視聴はこちらから>>  

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ついに決勝!19歳の新星ジャンが好調の23歳サムソノワに挑む[東レPPO]