ニュース News

【速報】土居/奈良ペア、1回戦の第1セットを落とす[東レPPO]

「東レ パン・パシフィック・オープン」での奈良(右)と土居(左)

21日、3年ぶりに開催されている「東レ パン・パシフィック・オープン」(日本・東京/9月19日~9月25日/ハードコート)のダブルス1回戦で、奈良くるみ(日本/安藤証券)と土居美咲(日本/ミキハウス)のペアがソフィア・ケニン(アメリカ)/リュドミラ・サムソノワ(ロシア)ペアと対戦。土居/奈良ペアが第1セットを2-6で落とした。

奈良は今大会限りでの引退を発表しており、シングルスでは予選2回戦で敗れたため、このダブルスが最後の試合となる。奈良と土居は2015年大会でもダブルスを組み、ベスト8に進出していた。ともに1991年生まれの奈良と土居は2000年代からたびたびコンビを組み、ITF大会で優勝している。

相手ペアは、いずれもシングルスでの活躍が光る。元世界4位のケニンは2020年の「全豪オープン」チャンピオンであり、世界30位のサムソノワは今年8月に「WTA250 ワシントンD.C」と「WTA250 クリーブランド」で2大会連続優勝を収めた。なお、サムソノワはこの日シングルスも戦っており、「ウィンブルドン」女王である第8シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン)を6-2、6-4で下していた。

試合は土居のサーブでスタート。最初のゲームを最後は奈良のスマッシュでキープする。しかし第3ゲーム、ケニンにボレーを決められてブレークを許してしまう。第6ゲーム、土居/奈良ペアは15-40というチャンスを作るが、ブレークバックには至らない。第7ゲームでサムソノワにスマッシュを決められ、リードを2-5と広げられる。そのままサービング・フォー・ザ・セットをキープされ、2-6でこのセットを落とした。

試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※「東レ パン・パシフィック・オープン」での奈良(右)と土居(左)
(Photo by WOWOWテニスワールド)

【テニス界の英雄 ロジャー・フェデラー 引退】
WOWOWオンデマンドではフェデラーの名勝負選を配信中!
視聴はこちらから>>

【東レ パン・パシフィック・オープン】
WOWOWテニスワールドで練習コートを連日無料配信!
視聴はこちらから>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 【速報】土居/奈良ペア、1回戦の第1セットを落とす[東レPPO]