ニュース News

フェデラー、現役最後の試合はナダルとのダブルス!?

「レーバー・カップ」会場で練習するフェデラー

「レーバー・カップ」(イギリス・ロンドン/9月23日~9月25日/室内ハードコート)をもって現役を引退する元世界王者のロジャー・フェデラー(スイス)にとって、大会初日に行われるダブルスが最後の試合になる可能性が高いようだ。英スポーツメディア EUROSPORTなど複数のメディアが報じている。

今年の「レーバー・カップ」では、チーム・ヨーロッパ(欧州選抜)のメンバーとしてフェデラーのほかにラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、アンディ・マレー(イギリス)というビッグ4が初めて集結するとあって、以前から話題となっていた。そこへ、今月15日に現役引退を発表した41歳のフェデラーが、自身のエージェント会社Team8が設立し、運営するこの大会を最後の舞台に選んだことで注目度はさらに増した。大会開幕に先立ち、フェデラーは手紙を読み上げる動画をソーシャルメディア上に投稿する形で引退を発表したことについて、スイスのメディアに話している。

「あまりにも準備に時間がかかったから、(エージェントの)トニー(ゴドシック)は気が狂いそうになっていたよ。発表できてすっきりした。あの手紙を書くのにはものすごくたくさんのエネルギーが必要だったんだ。特に両親や妻のミルカにとっては、すごく感動的なものになったはずだ。意外にも、僕自身は引退について気軽に話せているところだよ。7月の“ウィンブルドン”が終わった数日後には、膝がこれ以上良くなる気配がまったくなかったんだ。だからどうした?とその時に自問した。僕たちは長い間、薄氷を踏むような思いをしてきた。これ(引退)が正しい決断であり、唯一の良い決断であることはわかっていたんだ」

「怪我からの復帰はすごく辛くて困難なことばかりだった。100%からはほど遠い状態だったね。(2021年の)“ウィンブルドン”で準々決勝にまで進めただけでも奇跡的だったよ。フベルト・フルカチュ(ポーランド)との最後のセットは僕のキャリアの中でも最悪の時間の一つだった」

フェデラーは「レーバー・カップ」の試合についても触れた。「ここロンドンで練習していて、自分のプレーがなかなか良いことに驚いている。ただ、ダブルスしかプレーできないことは以前からはっきりとわかっていた。おそらく金曜日(現地23日)の夜の試合になるだろうね。(以前出場を表明していた)スイスで開催される“ATP500 バーゼル”はもう選択肢になかった。ここでラファとダブルスで組めたら最高だね」

フェデラーは1999年の初出場以来、初めて「ウィンブルドン」を欠場した今年の7月半ばに、長いリハビリ期間の中で家族との時間や家で過ごす普通の生活にも満足していると話しており、引退したら「僕にはもうテニスは必要ないと思う」と発言していた。だが、実際に現役を退く決断をしたフェデラーは、「決して君(テニス)から離れたりはしない」という言葉で引退発表のメッセージを締めくくっている。また、ロンドンに到着した際にも、フェデラーは記者に今後の予定を聞かれ、「まだはっきりしたことはわからないけど、僕にすべてを与えてくれたスポーツから完全に距離を置きたくはない」と答えており、これからもテニス界に関わっていく姿勢をあらためて示している。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「レーバー・カップ」会場で練習するフェデラー
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images for Laver Cup)

【テニス界の英雄 ロジャー・フェデラー 引退】
WOWOWオンデマンドではフェデラーの名勝負選を配信中!
視聴はこちらから>>

【東レ パン・パシフィック・オープン】
WOWOWテニスワールドで練習コートを連日無料配信!
視聴はこちらから>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. フェデラー、現役最後の試合はナダルとのダブルス!?