ニュース News

3年ぶり開催の東レPPOで土居、西郷、加藤が1回戦に登場

「WTA1000 ローマ」での土居

本日19日から3年ぶりに開催される「東レ パン・パシフィック・オープン」(日本・東京/9月19日~9月25日/ハードコート)。その大会初日の注目ドローをご紹介しよう。

パンデミックの影響で2019年以来に行われる今大会。シングルスのシード選手は上から順に、世界ランキング4位のパウラ・バドーサ(スペイン)、「全米オープン」でベスト4に進出した世界10位のカロリーヌ・ガルシア(フランス)、グランドスラム2度優勝の世界12位ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)、世界13位のベロニカ・クデルメトワ(ロシア)、世界18位のベアトリス・アダッド マイア(ブラジル)、世界20位のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、世界23位のアリソン・リスク アムリトラジ(アメリカ)、「ウィンブルドン」チャンピオンで世界25位のエレナ・リバキナ(カザフスタン)という顔ぶれだ。

日本勢としては、前回2019年大会のチャンピオンである大坂なおみ(日本/フリー)ら5人がシングルスの本戦に出場。ダブルスには6組がエントリーしている。

そのうち19日に登場するのは、世界106位の土居美咲(日本/ミキハウス)と世界629位の西郷里奈(日本/TEAM自由が丘)、そしてダブルス世界58位の加藤未唯(日本/ザイマックス)。

午前11時から1試合目が始まる有明コロシアム(センターコート)では、4試合目として土居の1回戦が行われる。相手は19歳で世界37位のジャン・チンウェン(中国)。ジャンは2021年7月の「WTA250 パレルモ」でツアーデビュー&初勝利を飾り、今年初めの「WTA250 メルボルン1」でベスト4、「全仏オープン」では元世界女王のシモナ・ハレプ(ルーマニア)らを破って4回戦まで勝ち進むなど、急成長を続ける若手選手だ。12歳違う土居とジャンはこれが初対戦。「東レ パン・パシフィック・オープン」に出場するのは、土居は3大会連続7回目、ジャンは初となる。土居は2019年にベスト8まで進出した。

その土居の試合後にセンターコートの5試合目に登場するのが、予選に参加した12人の日本勢の中で唯一勝ち上がった西郷。予選1回戦で第8シードのSophie Chang(アメリカ)にストレート勝ち、2回戦では世界360位の村松千裕(日本/グラムスリー)に逆転勝利を収めた。21歳の西郷は今年5月、トルコのアンタルヤで行われたITF大会で優勝。今回対戦するのは、今年7月の「WTA250 ローザンヌ」でキャリア通算2つ目のタイトルを手にした世界46位のペトラ・マルティッチ(クロアチア)だ。現在31歳のマルティッチは、2012年の「東レ パン・パシフィック・オープン」で当時世界5位のペトラ・クビトバ(チェコ)らを撃破して3回戦まで勝ち進んでおり、これが10年ぶり2度目の出場となる。

そして午後1時半から試合が始まるショーコートでは、2試合目として加藤/ワン・シンユー(中国)ペアがチャン・ラティーシャ(台湾)/アレクサ・グラーチ(チリ)ペアとダブルス1回戦を戦う。今年の加藤はツアーレベルでは「WTA250 ハンブルク」で準優勝、さらに4大会でベスト4入りを果たしている。加藤は「東レ パン・パシフィック・オープン」に関しては2015年から6大会連続出場中となり、2018年大会では二宮真琴(日本/エディオン)と組んで優勝を飾っている。

そのほかには、第7シードのリスク アムリトラジ、第3シードのデズレイ・クラブチェク(アメリカ)/デミ・シヒュース(オランダ)ペアらが1回戦に臨む予定だ。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「WTA1000 ローマ」での土居
(Photo by Alex Pantling/Getty Images)

【テニス界の英雄 ロジャー・フェデラー 引退】
WOWOWオンデマンドではフェデラーの名勝負選を配信中!
視聴はこちらから>>

【東レ パン・パシフィック・オープン】
WOWOWテニスワールドで練習コートを連日無料配信!
視聴はこちらから>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 3年ぶり開催の東レPPOで土居、西郷、加藤が1回戦に登場