ニュース News

全米ベスト4敗退に涙したティアフォーをデル ポトロやレジェンドらがねぎらい「みんなに勇気をくれた」

「全米オープン」でのティアフォー

24歳のフランシス・ティアフォー(アメリカ)は今年の「全米オープン」で、3回戦で元世界ランキング8位のディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を破ると、4回戦では元世界王者で優勝候補の一人でもあったラファエル・ナダル(スペイン)を撃破。準々決勝では第9シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)をストレートで倒して、グランドスラムで自身初となるベスト4に進出した。

だが準決勝では、後に優勝して史上最年少世界王者となった第3シードのカルロス・アルカラス(スペイン)との4時間超えの死闘の末に、7-6(6)、3-6、1-6、7-6(5)、3-6で惜敗。試合後のインタビューでは涙を隠すことはできなかった。

「この試合、そしてこの2週間、持てるものすべてを出して戦った。みんなをがっかりさせてしまった。本当に心が痛い。カルロスは素晴らしかった。いつか戻ってきて、ここで優勝する」

そんなティアフォーを、2009年の優勝者であるフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は選手らの通る通路で待っていた。デル ポトロはティアフォーに慰めの言葉をかけてしばらく話し、最後にハグする動画をSNSに投稿。「ハグを、大好きだよ@FTiafoe、全米オープン」とキャプションをつけた。

試合後の記者会見でティアフォーは語った。「まだ実感がわかないけれど、人生で最もクレイジーな2週間だった。夢でしか起こらないような。最後は少し足りなかったけれど。でも3年連続で4回戦に進出しただけでも十分に良い結果だ」

「その上、今年グランドスラムで誰にも負けていなかったラファに勝って、世界王者に返り咲こうとしていた彼を途中で止めた。クレイジーな2週間。まだ実感がわかないよ」

また観客たちも、テニスレジェンドたちも、ティアフォーの「みんなをがっかりさせた」という言葉には大いに反論があったようだ。グランドスラムのシングルスで18回優勝している元世界女王クリス・エバートは、Twitterに投稿。

「みんながあなたを誇りに思ってる。いつか“全米オープン”で優勝するでしょう」と綴った。

元世界4位のジェームズ・ブレイク(アメリカ)は、「誰もがっかりなんかしていない。それどころか、その反対だ。君のプレー、君のハートはたくさんの人に勇気をくれた。これからも何度もチャンスがあるよ」とTwitterでエールを贈った。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全米オープン」でのティアフォー
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 全米ベスト4敗退に涙したティアフォーをデル ポトロやレジェンドらがねぎらい「みんなに勇気をくれた」