ニュース News

ティアフォー、フリッツらアメリカのトップ選手10人が集うオール・アメリカン・カップ開催!

「ATP1000 インディアンウェルズ」でのフリッツ

11月中旬に、アメリカの男子トップテニス選手10人が東軍と西軍に分かれて競い合うチームイベントが開催されることとなった。主催者であり、男子ダブルスのレジェンド選手である双子のボブ・ブライアンとマイク・ブライアンの兄弟は、この大会を「“レーバー・カップ”よりすごい」と銘打っている。米テニスメディアTennis World USAなどが報じた。

「オール・アメリカン・カップ」(アメリカ・サンアントニオ/11月11日~11月13日/室内ハードコート)は、アメリカのテキサス州で開催。ブライアン兄弟のボブが東軍のコーチ、マイクが西軍のコーチを務める。

東軍として出場するメンバーは、リーダーが元世界ランキング8位のビッグサーバー、ジョン・イズナー、そして「全米オープン」でベスト4入りの活躍を見せた世界19位のフランシス・ティアフォー、元世界8位ジャック・ソック、元世界53位デニス・クドラ、23歳の世界72位J.J.ウルフの5人。

対する西軍は、リーダーが世界12位のテイラー・フリッツ、そして世界50位の21歳ジェンソン・ブルックスビー、世界60位マルコス・ギロン、元世界48位マッケンジー・マクドナルド、元世界21位スティーブ・ジョンソンの5人だ。

試合のやり方は「レーバー・カップ」と似た仕組みで、1日にシングルス3試合とダブルス1試合が行われ、1勝につき初日は1ポイント、2日目は2ポイント、最終日には4ポイントが勝ったチームに与えられる。メインの試合のほかに、プロアマイベントやキッズクリニックなども開催される予定だ。

さらにフォロワー17万人の「テニスインフルエンサー」、レイチェル・ストールマンがこのイベントのホストを務めることも話題になっている。ストールマンはジュニアと大学でテニスをプレーし、現在は「全米オープン」をはじめとした大会を訪れたり、選手にインタビューするなどしてSNSで発信している。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP1000 インディアンウェルズ」でのフリッツ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ティアフォー、フリッツらアメリカのトップ選手10人が集うオール・アメリカン・カップ開催!