ニュース News

レーバー・カップ、怪我のイズナーに代わってティアフォーが加わる

「全米オープン」でのティアフォー

怪我を負った世界ランキング42位のジョン・イズナー(アメリカ)に代わって、「レーバー・カップ」(イギリス・ロンドン/9月23日~9月25日/室内ハードコート)に「全米オープン」でベスト4入りを果たしたばかりのフランシス・ティアフォー(アメリカ)が参加することがわかった。大会公式ウェブサイトなど複数のメディアが報じている。

今年の出場で5大会すべてに参加する唯一の選手となるはずだった37歳のイズナーは、「全米オープン」の1回戦で負った手首の怪我により欠場を余儀なくされ、代わりにティアフォーがチーム・ワールド(世界選抜)のメンバーに加わることが発表された。

「全米オープン」に第22シードとして出場していたティアフォーは、4回戦で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)を退けたことで注目を浴び、準々決勝ではセンターコートで第9シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)をストレートで破っている。この瞬間、ティアフォーはそのコートの名前の由来となっているアーサー・アッシュ(アメリカ)以来50年ぶりにアメリカの黒人男性として「全米オープン」準決勝進出を果たした。準決勝ではのちに優勝を飾る第3シードのカルロス・アルカラス(スペイン)にフルセットの末に敗れたものの、この大会でティアフォーは多くのファンの心を掴み、12日付けのランキング更新では自己最高の世界19位につけている。

チーム・ワールドのキャプテンを務めるジョン・マッケンロー(アメリカ)は、そんなティアフォーの参戦を喜んでいる。「フランシスがチームに加わったことに感激している。彼は自分のゲームを全く新しいレベルに引き上げ、ツアーのトップ選手たちと競り合い、勝利することができることを示した。さらにチーム全体を支えるポジティブなエネルギーをもたらしてくれるはずだ」

ティアフォーはプラハで開催された初めての「レーバー・カップ」で開幕戦に出場し、チーム・ヨーロッパ(欧州選抜)のマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦している。そのプラハでの第1回、シカゴでの第2回大会に続いて3度目の出場となることについてティアフォーはこうコメントした。「“レーバー・カップ”の試合は大好きだ。とても素晴らしい大会だから、ロンドンではチーム・ワールドのためにポイントを稼ぎたいと思っているよ。どんな感じになるかはわかっているし、今年はチーム・ヨーロッパからタイトルを奪えるチャンスがあると思う」

ティアフォーは世界12位のテイラー・フリッツ(アメリカ)と世界13位のフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、世界17位のディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)、世界22位のアレックス・デミノー(オーストラリア)、そしてダブルス元世界2位のジャック・ソック(アメリカ)とともにチーム・ワールドの初優勝を目指す。

対するビヨン・ボルグ(スウェーデン)率いるチーム・ヨーロッパでは、ナダル、ロジャー・フェデラー(スイス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、アンディ・マレー(イギリス)というビッグ4が大会史上初めて集結する予定となっており、世界6位のステファノス・チチパス(ギリシャ)と「全米オープン」で準優勝を果たして世界2位に浮上したキャスパー・ルード(ノルウェー)の活躍も期待される。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全米オープン」でのティアフォー
(Photo by Elsa/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. レーバー・カップ、怪我のイズナーに代わってティアフォーが加わる