ニュース News

全米王者のアルカラス、10代で初の世界王者に!錦織は大幅ランクダウン

2021年「東京オリンピック」での錦織

ATP(男子プロテニス協会)は12日、最新の世界ランキングを公表。復帰が間に合わず今年の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)を欠場した錦織圭(日本/ユニクロ)は、昨年3回戦へと進出した際に得た90ポイントを失い370位から740位へと大幅ダウン。

決勝では第3シードのカルロス・アルカラス(スペイン)が第5シードのキャスパー・ルード(ノルウェー)を下しグランドスラム初優勝。この結果、19歳のアルカラスは順位を4位から1位へと上昇させて、史上最年少で世界王者の座を手にした。スペイン人では、カルロス・モヤ、フアン カルロス・フェレロ、そしてラファエル・ナダルに次いで4人目の快挙だ。

【世界王者に就いた最年少ランキング】
1位:カルロス・アルカラス(スペイン) 19歳130日
2位:レイトン・ヒューイット(オーストラリア) 20歳268日
3位:マラト・サフィン(ロシア) 20歳298日
4位:ジョン・マッケンロー(アメリカ) 21歳16日
5位:アンディ・ロディック(アメリカ) 21歳65日

惜しくも準優勝となったルードは7位から2位へと順位を上げて、キャリアハイを更新。ルードは「2位になれたことをとても誇りに思っているよ。まだ最後のスポット(1位)を追いかけることができるから、ある意味では良いことだね」と述べている。

アンディ・ロディック(アメリカ)以来16年ぶりに地元勢としてベスト4入りを果たし脚光を浴びた第22シードのフランシス・ティアフォー(アメリカ)は、7ランクアップで初のトップ20入り(19位)。初めてグランドスラムの準決勝まで駒を進めた第27シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)は、順位を13上げて18位に位置している。

準々決勝へ勝ち進んだ第9シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)は順位を2つ上げて約1ヶ月ぶりにトップ10に返り咲き(9位)。「全米オープン」初のベスト8入りを果たした第11シードのヤニク・シナー(イタリア)も2アップの11位。シナーと同様にニューヨーク初のベスト8へと進んだ第23シードのニック・キリオス(オーストラリア)は、25位から20位へ浮上して2020年2月以来にトップ20へ戻ってきた。2年連続でベスト8の第13シード、マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)はポイントに変動はなく1つ順位を落として15位に。

前回王者で第1シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)は4回戦でキリオスに敗れて1,820ポイントを失い1位から4位へ転落。昨年準優勝のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は新型コロナワクチンを接種していないため大会に参加できず。1,200ポイントを失効して1ランクダウンの7位となった。今大会の結果次第では世界王者に返り咲く可能性のあった第2シードのナダルは、4回戦でティアフォーに敗れ3位をキープしている。

日本人では、西岡良仁(日本/ミキハウス)とダニエル太郎(日本/エイブル)が1回戦敗退となったが両者とも順位を1つ上げて、西岡は54位、ダニエルは94位に位置している。予選2回戦で敗退した内田海智(日本/富士薬品)は、その後フランスのチャレンジャー大会に出場して準々決勝まで駒を進めた。順位は168位から160位へと伸ばして、キャリアハイを更新。

◇   ◇   ◇

【9月12日付最新ATPランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント

1. ↑ (4) カルロス・アルカラス(スペイン) 6,740
2. ↑ (7) キャスパー・ルード(ノルウェー) 5,850
3. ← (3) ラファエル・ナダル(スペイン) 5,810
4. ↓ (1) ダニール・メドベージェフ(ロシア) 5,065
5. ↓ (2) アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 5,040
6. ↓ (5) ステファノス・チチパス(ギリシャ) 4,810
7. ↓ (6) ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 3,570
8. ↑ (9) キャメロン・ノリー(イギリス) 3,550
9. ↑ (11) アンドレイ・ルブレフ(ロシア) 3,390
10. ← (10) フベルト・フルカチュ(ポーランド) 3,355
11. ↑ (13) ヤニク・シナー(イタリア) 3,200
12. ← (12) テイラー・フリッツ(アメリカ) 3,055
13. ↓ (8) フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ) 2,950
14. ↑ (15) パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン) 2,510
15. ↓ (14) マッテオ・ベレッティーニ(イタリア) 2,360
16. ↑ (17) マリン・チリッチ(クロアチア) 2,345
17. ↓ (16) ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン) 2,110
18. ↑ (31) カレン・ハチャノフ(ロシア) 1,990
19. ↑ (26) フランシス・ティアフォー(アメリカ) 1,940
20. ↑ (25) ニック・キリオス(オーストラリア) 1,780
------------------------

54. ↑ (55) 西岡良仁(日本/ミキハウス) 827

94. ↑ (95) ダニエル太郎(日本/エイブル) 564

160. ↑ (168) 内田海智(日本/富士薬品) 332

740. ↓ (370) 錦織圭(日本/ユニクロ) 25

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「東京オリンピック」での錦織
(Photo by David Ramos/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 全米王者のアルカラス、10代で初の世界王者に!錦織は大幅ランクダウン