ニュース News

新全米女王のシフィオンテクが10,000ポイント超えで首位を堅守!大坂は4ランクダウン

「全米オープン」での大坂

WTA(女子テニス協会)は12日、最新の世界ランキングを公表。「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)で初めて1回戦敗退となった大坂なおみ(日本/フリー)は、4つ順位を下げて48位に位置している。

「全米オープン」決勝では第1シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)が第5シードのオンス・ジャバー(チュニジア)を6-2、7-6(5)で破り、グランドスラム3度目の優勝を果たした。この結果1,760ポイントを加算したシフィオンテクは、10,365ポイントとなり世界女王の座を堅守。10,000ポイントを超えるのは2013年のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)以来のことだ。準優勝のジャバーは、5位から2位へと順位を上げて今年6月に更新したキャリアハイに返り咲いた。だが、1位のシフィオンテクとの差は5,275ポイントと大きく開いている。

グランドスラムで初のベスト4入りを成し遂げた第17シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)は、7つ順位を上げて2018年10月ぶりにトップ10(10位)へ返り咲いた。2年連続で「全米オープン」ベスト4入りを果たした第6シードのアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)は、大会前からポイント数に変動はなく1ランクダウンの7位に。

地元勢では第8シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ)と第12シードのココ・ガウフ(アメリカ)が準々決勝まで進出。ランキングではペグラが初のトップ5入り(5位)、ガウフが初のトップ10入り(8位)で、両者ともにキャリアハイを更新。ガウフの18歳と183日でのトップ10入りは、2006年に17歳でトップ10入りしたニコール・バイディソバ(チェコ)以来、最年少となる。同じく準々決勝まで駒を進めた第22シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)は、2アップの20位。セレナを破りベスト8入りを果たしたアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)は、46位からキャリアハイ更新となる34位へ浮上。

ディフェンディングチャンピオンで第11シードのエマ・ラドゥカヌ(イギリス)は、初戦敗退で2,030ポイントを失い、 11位から83位へと大幅ダウン。また、昨年準優勝者で第14シードのレイラ・フェルナンデス(カナダ)は2回戦敗退に終わり、26順位を下げて40位となった。

日本人では土居美咲(日本/ミキハウス)、内島萌夏(日本/フリー)、日比野菜緒(日本/ブラス)が予選3回戦で敗退。本玉真唯(日本/島津製作所)は予選2回戦、内藤祐希(日本/亀田製菓)は予選1回戦で敗れた。土居は昨年の「全米オープン」本戦で2回戦へ進出した際に得たポイントが失効したため、13ランクダウンの106位。内島と日比野はともに順位を上げて、前者は4アップの125位でキャリアハイを更新、後者は199位から185位へ上昇。本玉も5つ順位を上げて189位としたが、内藤は11ダウンでトップ200から外れた(207位)。

ダブルスでは、3回戦進出の柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)が1アップの12位で、同じく3回戦進出の青山修子(日本/近藤乳業)は1ダウンの16位。

◇   ◇   ◇

【9月12日付最新WTAランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント

1. ← (1) イガ・シフィオンテク(ポーランド) 10,365
2. ↑ (5) オンス・ジャバー(チュニジア) 5,090
3. ↓ (2) アネット・コンタベイト(エストニア) 4,300
4. ← (4) パウラ・バドーサ(スペイン) 3,980
5. ↑ (8) ジェシカ・ペグラ(アメリカ) 3,501
6. ↓ (3) マリア・サカーリ(ギリシャ) 3,480
7. ↓ (6) アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ) 3,470
8. ↑ (12) ココ・ガウフ(アメリカ) 3,047
9. ↓ (7) シモナ・ハレプ(ルーマニア) 3,025
10. ↑ (17) カロリーヌ・ガルシア(フランス) 2,930
11. ↓ (9) ダリア・カサキナ(ロシア) 2,895
12. ↓ (10) ガルビネ・ムグルッサ(スペイン) 2,776
13. ↑ (18) ベロニカ・クデルメトワ(ロシア) 2,436
14. ↓ (13) ベリンダ・ベンチッチ(スイス) 2,335
15. ↑ (16) エレナ・オスタペンコ(ラトビア) 2,325
16. ↑ (19) ダニエル・コリンズ(アメリカ) 2,277
17. ↑ (20) マディソン・キーズ(アメリカ) 2,248
18. ↓ (15) ベアトリス・アダッド マイア(ブラジル) 2,238
19. ↑ (21) ペトラ・クビトバ(チェコ) 2,187
20. ↑ (22) カロリーナ・プリスコバ(チェコ) 2,007

------------------------

34. ↑ (46) アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア) 1,400

40. ↓ (14) レイラ・フェルナンデス(カナダ) 1,310

48. ↓ (44) 大坂なおみ(日本/フリー) 1,067

83. ↓ (11) エマ・ラドゥカヌ(イギリス) 726

106. ↓ (93) 土居美咲(日本/ミキハウス) 615

125. ↑ (129) 内島萌夏(日本/フリー) 499

185. ↑ (199) 日比野菜緒(日本/ブラス) 344

189. ↑ (194) 本玉真唯(日本/島津製作所) 339

207. ↓ (196) 内藤祐希(日本/亀田製菓) 315

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全米オープン」での大坂
(Photo by Robert Prange/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 新全米女王のシフィオンテクが10,000ポイント超えで首位を堅守!大坂は4ランクダウン