ニュース News

国枝が年間グランドスラムに王手。上地はシングルス&ダブルスで決勝進出[全米オープン]

「全米オープン」での国枝

現地9月9日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)大会12日目、車いすの部で国枝慎吾(日本/ユニクロ)がシングルス決勝進出、年間グランドスラムに王手としている。大会公式ウェブサイトが報じた。

車いすの部はこの「全米オープン」から2倍の規模となり、男女シングルスは各16名、クアードシングルスは8名が出場。男女ダブルスは各8組、クアードダブルスは4組が参加。今回初めて行われるジュニア車いすの部には、男女各8名が参戦している。

シングルス準決勝、第1シードで38歳の国枝は、世界ランキング10位で33歳の三木拓也(日本/トヨタ自動車)と対戦。ダブルフォールトが8回に上った三木から12回のブレークチャンスを作ると、そのうち6回をポイントに結びつけ、6-1、6-2で勝利した。今年、「全豪オープン」「全仏オープン」「ウィンブルドン」を制した国枝は、年間グランドスラム達成まであと一勝に迫っている。

ダブルスには世界11位で16歳の小田凱人(日本/東海理化)と同14位のアレハンデル・カタルド(チリ)のペアが準決勝に登場。だが、今季すでに「全豪オープン」と「全仏オープン」を制している強豪ペア、第1シードのアルフィー・ヒュウェット(イギリス)/ゴードン・リード(イギリス)ペアに3-6、3-6で敗れ、決勝進出とはならなかった。

女子シングルスでは、第2シードで28歳の上地結衣(日本/三井住友銀行)が世界7位で37歳のジェシカ・グリフィオン(オランダ)に6-1、6-3のストレート勝ちで、決勝進出。「全米オープン」では8大会連続、グランドスラムでは今年の「全仏オープン」から3大会連続でのファイナル出場となる。

上地はダブルスでも決勝進出。世界6位で36歳のクオザード・モンジェーヌ(南アフリカ)と組んでいる上地は、大谷桃子(日本/かんぽ生命保険)/ジェシカ・グリフィオン(オランダ)ペアと対戦予定だったが、大会前から負傷していた大谷のペアが試合前に棄権している。同8位で26歳の田中愛美(日本/長谷工コーポレーション)は、同4位のジュ・ジェンジェン(中国)とのペアで第1シードのディーダ・デ グロート(オランダ)/アニーク・ファンクォト(オランダ)ペアと対戦。しかし、今季「全豪オープン」と「全仏オープン」で優勝している相手ペアに0-6、1-6で敗れた。

また、グランドスラムで初めて開催されたジュニア車いすの部に出場する15歳の高室侑舞 (日本/荏原SSC)は、ジュニア世界ランキング9位として臨んだシングルス準決勝で第2シードの18歳Ruby Bishop(イギリス)に4-6、7-5、6-3の逆転勝利で決勝へと進んだ。高室はその後、同7位で17歳のEllie Robertson(イギリス)と組んでダブルスにも出場したが、17歳のJade Moreira Lanai(ブラジル)と15歳のMaylee Phelps(アメリカ)という第1シードのペアに2-6、5-7で敗れている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全米オープン」での国枝
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

【全米オープンテニス2022】
WOWOWオンデマンド・WOWOWテニスワールドで全コートライブ配信!
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 国枝が年間グランドスラムに王手。上地はシングルス&ダブルスで決勝進出[全米オープン]