ニュース News

国枝と三木が準決勝で対戦へ。上地はシングルス&ダブルスでベスト4進出[全米オープン]

「全米オープン」での上地

現地9月8日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)大会11日目、車いすの部で国枝慎吾(日本/ユニクロ)らが準決勝進出を果たした。大会公式ウェブサイトが報じている。

車いすの部はこの「全米オープン」から2倍の規模となり、男女シングルスは各16名、クアードシングルスは8名が出場。男女ダブルスは各8組、クアードダブルスは4組が参加。ジュニアのダブルスには男女各32チームが出場。今回初めて行われるジュニア車いすの部には、男女各8名が参戦している。

今年、「全豪オープン」「全仏オープン」「ウィンブルドン」を制して、年間グランドスラム達成の期待が懸かる第1シードで38歳の国枝は、準々決勝にて世界6位で23歳のマルティン・デ ラ フェンテ(スペイン)と対戦。国枝は相手が得た2回のブレークチャンスをしのぎ、6-1、6-2の快勝を収めた。続く準決勝では、世界ランキング10位で33歳の三木拓也(日本/トヨタ自動車)との日本人対決に臨むこととなる。今大会で2014年の「全仏オープン」以来8年ぶりのグランドスラム出場を果たした三木は、同11位で23歳のルーベン・スパールハレン(オランダ)が16回のダブルフォールトなどミスを重ねたこともあり、6-4、6-3で勝利していた。一方、第4シードで16歳の小田凱人(日本/東海理化)は、同5位で31歳のニコラ・パイファー(フランス)に6-3、3-6、2-6の逆転負けで準々決勝敗退に。

国枝たちはダブルスにも出場。ダブルス世界12位の国枝は、今年の「ウィンブルドン」を制したパートナー、同3位で28歳のグスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)と今回も組んだが、同9位のトム・エフベリンク(オランダ)と同6位のヨアキム・ジェラード(ベルギー)というペアに倍以上のウィナー(13:28)を決められ、5-7、4-6で敗れた。そして同11位の小田と同25位の三木は、それぞれ同14位のアレハンデル・カタルド(チリ)、同16位のケイシー・ラツラフ(アメリカ)と組む形で対戦。こちらの日本人対決は、10ポイントのマッチタイブレークを制し、2-6、6-3、[10-4]で勝利した小田/カタルド組に軍配が上がった。

女子シングルスでは、第2シードで28歳の上地結衣(日本/三井住友銀行)が世界5位で36歳のクオザード・モンジェーヌ(南アフリカ)に6-1、6-0と、1回戦に続いて1ゲームしか相手に与えない形で快勝、ベスト4へ進出した。しかし、同8位で27歳の大谷桃子(日本/かんぽ生命保険)と同9位で26歳の田中愛美(日本/長谷工コーポレーション)はそれに続けず。大谷は第1シードのディーダ・デ グロート(オランダ)に第1セットを奪われた後でリタイア、田中は同7位で37歳のジェシカ・グリフィオン(オランダ)に1-6、2-6で敗れている。

女子ダブルスも行われ、上地はシングルスで対戦したばかりのモンジェーヌとのペアで第2シードとして出場。ダブルス世界7位のダナ・マシューソン(アメリカ)と同5位のルーシー・シューカー(イギリス)というペアにも6-1、6-0と、同日のシングルスと同じスコアで勝利した。上地/モンジェーヌ組は、同17位の高室冴綺(日本/スタートライン)と同9位のマカレナ・カブリラーナ(チリ)というペアを下した同16位の大谷と同13位のグリフィオンのペアと準決勝で顔を合わせる。そのほかには、同8位の田中が同4位のジュ・ジェンジェン(中国)とのペアで同14位のPauline Deroulede(フランス)と同10位のカタリーナ・クルーガー(ドイツ)のペアを下した一方、同12位で21歳の船水梓緒里(日本/筑波大学)と同18位のアンヘリカ・ベルナール(コロンビア)のペアは、今季「全豪オープン」と「全仏オープン」で優勝している第1シードのデ グロート/アニーク・ファンクォト(オランダ)ペアに1-6、1-6のストレート負けを喫した。

そしてクアードでは、世界9位で41歳の菅野浩二(日本/リクルート)が前日にシングルスで敗れた相手、同11位で29歳のDonald Ramphadi(南アフリカ)と組んでダブルス初戦に挑んだが、今季「全仏オープン」と「ウィンブルドン」で優勝した第1シードのサム・シュレーダー(オランダ)/ニルス・フィンク(オランダ)ペアに6-7(6)、6-7(5)で競り負け、決勝行きとはならなかった。

また、ジュニアの木下晴結(日本/LYNX TA大阪)、齋藤咲良(日本/MAT Tennis Academy)、石井さやか(日本/HSS)は、いずれも女子ダブルス2回戦敗退に終わった。ジュニア世界53位で15歳の木下は、同60位で17歳のAnastasiia Gureva(ロシア)と組んで、Alexis Blokhina(アメリカ)/Annabelle Xu(カナダ)ペアと対戦。第2セットを取ったものの、10ポイントのマッチタイブレークで競り負けた。スコアは3-6、6-3、[9-11]。そして同16位で15歳の齋藤は世界43位で17歳のシャルロット・ケンプナーポッズ(オーストラリア)と組んだが、第3シードのLiv Hovde(アメリカ)/テイラー・プレストン(オーストラリア)ペアに2-6、3-6のストレート負け。同55位で18歳のLanlana Tararudee(タイ)と組んだ同39位で17歳の石井は、Mia Kupres(カナダ)/Ranah Akua Stoiber(イギリス)ペアに5-7、4-6で敗れた。

グランドスラムで初めて開催されたジュニア車いすの部には、ジュニア世界ランキング9位で15歳の高室侑舞 (日本/荏原SSC)が登場。同7位で17歳のEllie Robertson(イギリス)を6-3、6-4のストレートで下し、準決勝へと駒を進めている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全米オープン」での上地
(Photo by Jamie Squire/Getty Images)

【全米オープンテニス2022】
WOWOWオンデマンド・WOWOWテニスワールドで全コートライブ配信!
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 国枝と三木が準決勝で対戦へ。上地はシングルス&ダブルスでベスト4進出[全米オープン]